« やっとここで会えましたね~(110528釣行記) | トップページ | 釣り人生最大のショッキングな出来事・・・(110605釣行記) »

2011年6月 5日 (日)

気になるあそこの開拓釣行(1)(2011道北遠征PART1:110604釣行記)

先週の土曜日。久々にマコ君と釣りに行くことになりました。
この日の釣りのテーマは“新規開拓”。道東に移住してからは、新規開拓をする釣友がおらず、有名河川や過去に行ったことのある渓で釣りをし、なかなか未知の領域に突撃するような釣りをしていませんでした。時々は未知の領域を開拓しようと頑張っていましたが、やはり一人だと心細さもあって・・・。
ただ、今回、マコ君も開拓に乗り気ということなので、思い切って道北へ新規開拓しに行くことにしました。
まずは、道北G川へ行きました。

1106040001 1106040002
ここでは、まず、上流域へ行ったのですが、入渓点でいきなりマコ君がイワナ君とご対面。このイワナ君の登場に心躍ったのですが、その後は、この時期に出会ってはダメな新子ヤ○メちゃんの猛攻に会ったので、これはいけないということで、中流域に行ったのですが、そのポイントは水深のないチャラ瀬が続くポイント。ちょっと大物ニジ様の気配が感じられなかったので相談の結果、川を変えることにしました。ただし、このG川も大物の便りが聞かれる川なので、今後、継続して調査していこうと思います。

G川の次に行った川はF川。ここでは、ニジ様には出会えませんでしたが元気なニジ君に出会うことができました。


道北F川
6月4日(土)9:00-13:00
天候:晴のち曇り 気温:17→24℃ 水温:10℃ 状況:やや多い→多い(気温の上昇に伴い雪代流入)
ハッチ:ぽつぽつ(メイフライ・ミッジ)
ライズ:ほとんど無し 釣果:ニジマス君(20-29㎝)5-10尾

1106040003

はじめ、中流域に入渓したのですが良い感じの淵や落ち込みがあるにもかかわらず魚影が薄く、魚信もニジ君1尾(ちなみにバラシ)からしか無かったので、少し上流域に移動しました。ここは入渓してすぐのところにテトラなどの石が沈んでおり、良い感じの落ち込みになっていました。
しかし、そのポイントも魚の反応は皆無・・・。
この時点で私はもう開拓意欲がなくなり、思い切って馴染みの渓へ走ろうかな?なんて思っていたのですが、マコ君がいつにもないやる気を出しており、まだ釣り上ると提案したので、ここは従い、途中、藪を漕いだりしながら釣り上っていきました。

1106040004 1106040005
すると、渓相が開けて良い感じの瀬や落ち込みが見られるようになりました。
この流域は夏にドライでのんびり釣るには良い感じだなと思いました。
そんなポイントですが、この日は雪代が入り若干増水気味だったので、流れが緩くなってて水深のある流れを選んでベタ底にフライを流していると待望のニジマス君が出てきてくれました。

1106040006
サイズは惜しい泣き尺サイズ。でも、綺麗な魚体でなんといってもとても元気でした。これは十勝のプーさんの本流のニジ君たちに匹敵する元気さでした。

1106040007
その後、釣り上ると上流から釣り人が下りてきたので、一旦、入渓点に戻り車でさらに上流域へ。
そこに到着したころには、気温もかなり上がっており、そのせいかかなりの雪代が入ってきて目に見えて増水していました。ただ、釣りできない状況ではなかったので釣り続行です。

1106040008
すると、マコ君がこの日最大のニジ君(33㎝)と対面しています。このニジ君も30㎝ちょっととは思えない元気の良さでした。

1106040009
ちなみに私は数尾の小ニジ君と出会ってましたcoldsweats01

さて、これからガンガン釣りましょうというところで、ここでハプニングという名の伝説?が・・・。
藪を漕いでいると、いきなり左足にグサッと刺さるものが。見ると錆びた有刺鉄線が私のウェーダーに刺さっており、見事にウェーダーは裂けています。この破れたウェーダーでしばらく釣り続けていたのですが、さすがに雪代混じりの水は冷たく、足が痺れて感覚が無くなってきたのでギブアップし、心残りですがこの日の釣りを終えました。

あの有刺鉄線以外は、魚も元気で渓相も良いのでF川の開拓は成功と言えるでしょう。またこの川の下流域の規模なんかも考えると大物ニジ様がいらっしゃる可能性も大ですし。
また、ここを偵察したいと思いますが・・・この渓は道北の渓。私の居住地は極東の地。。。
う~ん、私の距離感は完全に崩壊してしまってますねgawk

PS:土曜はウェーダーが避けるというトラブルに見舞われましたが日曜はもっと悲惨な目に・・・crying
それはまた後日のブログで。。。

☆本日のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#8、10

|

« やっとここで会えましたね~(110528釣行記) | トップページ | 釣り人生最大のショッキングな出来事・・・(110605釣行記) »

コメント

おつかれでした~ 前夜にバカ食い&バカ飲みをしたためか、お互いあまり元気がなかったねえ。まあ元気が無い割には普通の人の2日分くらいの釣りをしたけど(笑
 しかし、土日とも災難やったねえ。 金曜にやはり運を…

投稿: マコガレイ | 2011年6月 5日 (日) 23時54分

こんばんは。
新規開拓ですね川幅も有り水量も多そうですね。
藪の中に有刺鉄線なんて恐怖ですよ、
お怪我は有りませんでしたか?
しかしアカガレイさんの行動範囲は広がる一方の様ですね。

投稿: BOB | 2011年6月 6日 (月) 19時49分

>マコガレイさん
土曜はお疲れ様~。まぁ、釣りだけでなく飲んで食べてしゃべる(愚痴る?)のもうちらの出会う目的ですから^^;;;
元気がなかった割には、十分ハードにやったと思うよ。
またそのうち行きましょう。いつでも連絡ください^^
ほんと金曜のような泡銭は残らないんよ。だから、さっさと使ってしまうのが一番やね。

投稿: アカガレイ | 2011年6月 6日 (月) 19時51分

>BOBさん
今回開拓した川は前々から気になっていたのですが、結構上流に位置しているにもかかわらず、水量があるので大物の期待感が大です。もう少し近ければ通いたいところですが、根室からだとめちゃくちゃ遠いんですよね^^;;;
藪の中の有刺鉄線は道東では多いようで根室に移住してすぐに管内の川で今回と同じようにウェーダーを破ったのですが、まさか道北でも…って感じです。牧場が側にある渓ではかなり注意が必要なようです。道南ではこんなこと全くなかったんですがねぇ…(泣)

投稿: アカガレイ | 2011年6月 6日 (月) 19時57分

アカガレイさん こんばんわ!
昨年の滑落と 今回の有刺鉄線と足に受難続きですよね
お気をつけ下さい。
道北ですか 
ダブハン持って 鬼狙いも射程内ですね

投稿: KEN | 2011年6月 6日 (月) 20時39分

>KENさん
最近災難が増えてきました。
ウェーダーなんて前回の道南遠征時に某天○屋で買ったばかりのやつが破れたんですから…。それにしても藪の中に有刺鉄線はほんと危なすぎです。牛の脱走を防ぐためかもしれませんが勘弁してほしいものです。
ほんと鬼様に近いところまで来てます^^でも、鬼様なら実はうちの近くの渓でも釣れるんですよ。私が行かないだけで^^;;;鬼様のいる渓は湿原河川で釣りにくいので、どうも足が遠のきがちで…。

投稿: アカガレイ | 2011年6月 6日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/40279432

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるあそこの開拓釣行(1)(2011道北遠征PART1:110604釣行記):

« やっとここで会えましたね~(110528釣行記) | トップページ | 釣り人生最大のショッキングな出来事・・・(110605釣行記) »