« 代休取ってパラダイスへ行ったけど・・・(110526釣行記) | トップページ | 気になるあそこの開拓釣行(1)(2011道北遠征PART1:110604釣行記) »

2011年5月29日 (日)

やっとここで会えましたね~(110528釣行記)

会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 会いたかった~heart01 YESsign03 君に・・・heart01

1105280001
というわけで、少し浮かれているアカガレイですlovely

土曜日は「ふるさとの本流」へ行きました。ここは人によっては魚影が濃いという人もいれば全く釣れないという人も・・・。私もどちらかというと後者で、あまり良い思いをしたことはありません。そのうえ、昨年は道路から良いポイントを見つけ、崖を滑り降りて突撃したら滑落して負傷する始末・・・。
しかし、そのポイントが諦めきれず、今回、結構歩くことになりそうですが行ってみたのでした。


ふるさとの本流
5月28日(土)4:00-14:30
天候:快晴 気温:10→24℃ 水温:11℃ 状況:平水、やや濁りあり ハッチ:多い(メイフライ・ミッジ)
ライズ:ポツポツ 釣果:ニジマス様(45㎝・43㎝・40㎝×2)、ニジマス君(20-39㎝)20尾前後lovely

1105280002

この日はこれまで入渓したことのない場所から釣り上ることにしました。釣り上って暫くはいつものように何の変哲もない流れが続き魚の反応がありません。まぁ、今日も厳しい釣りになるんだろうと思いながら暫く釣り上りました。すると少し流れが強く水深のあるポイントに到達しました。

1105280003
こういう場所に今時期はいるのかな?とフライを流すも反応がありません。ここで少し考え、タナを2ヒロにし、ガン玉を3つ付け、根がかりを恐れずベタ底にフライを転がしてやると・・・

1105280004
37㎝ニジマス君が登場です。魚体も産卵後しっかり回復しているようでピンピンです。

1105280005
そして、しばらく歩くと岩盤底の長い深瀬が続くポイントを見つけました。
これはかなり期待が持てそうな感じです。瀬頭は横から沢が流れ込んでて魚が多くつきそうな流れとなっていますし。
すると、その期待は裏切られることなく・・・

1105280006 1105280007 1105280008
40UPのニジマス様2尾を含むニジマスたちが次から次へと出てきますhappy02
いつもならこれくらい歩いて釣れればこの川では脱渓点に戻るのですが、まだまだ歩いてみました。

1105280009
今度は対岸に木が被さった水深のあるトロ瀬のポイントが・・・。
このポイントに到達したころには陽も高く上がってて気温もかなり上がってて、ハッチもかなり起こっています。そのせいか、ベタ底に流さなくてもニジマスたちの反応はあるのですが、やはり大物はベタ底でしょうとフライを川底に転がすと、がつんとでかい当たりが・・・。そのあとフライラインが一気にすべて引き出され、バッキングラインも3ヒロほど引き出されたとき、下流でキングサーモンのようなデカいやつがジャンプ。「なんじゃあれ!!」と思わず叫んでしまったのですが、叫んだあとにはもうラインにテンションはかかってませんでした。ラインを回収すると3Xのティペットが切れてます・・・。う~ん、ティペットに傷がついてたんですかね?それとも・・・。3Xをぶった切る魚なんて化け物でしょうが・・・。ジャンプしたキングサーモンのような魚は50は軽くありそうでしたのでひょっとしたら・・・catface
このような心残りの出来事がありましたが、この後、ここではこの日最大のニジマス様が慰めに出てきました。

1105280010 1105280011
45㎝のニジマス様lovely
嬉しかったのでアングルを変えて写真を2枚ほど・・・。凛々しい顔に立派な体型。言うことなしです。
さて、この後、少しポイントを変えてこれまた今までに入ったことのないポイントに行ってみました。

1105280012 1105280013
そこは少し歩く必要があるのですが、道路や民家から離れているポイントで、雰囲気が抜群に良く、チャラ瀬などがなく、どこにでも魚が居そうな感じでした。ただ、さすがにどこにでも居ると言う訳ではないのですが・・・

1105280014
上の様に流れは何の変哲もなくても、底に岩が転がってたり、ちょっとしたスリットの入った岩盤底からは・・・

1105280015
ニジマス君がこの日はきっちりと顔を出してくれましたconfident

ほんとこの日は珍しく良い釣りができました。それもこれまで苦手にしていたこの「ふるさとの本流」で。
この良い流れを持続して、あと数週間後には突撃できるであろう「プーさんの本流」で念願の50UPを達成できればなと思ってます。
それにしても、川のほうはそろそろどこも良い感じになってきましたね。これから行くところが多すぎて悩む週末が続きそうですcoldsweats01


☆本日のDATA☆
Winston WT9ft#4
Abel TR2
DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE)
リーダー3X12ft
ティペット3X100cm

☆ヒットフライ☆
ソフトハックル#8、10

|

« 代休取ってパラダイスへ行ったけど・・・(110526釣行記) | トップページ | 気になるあそこの開拓釣行(1)(2011道北遠征PART1:110604釣行記) »

コメント

アカガレイさん こんばんわ!
コンディションのイイ虹ばかりで ウラヤマシ~です
こんな重そうな流れの中で 掛けたら楽しそうですね
公私共にチョー忙しかった今月 ルアーをワンキャストも出来ませんでした(泣)
いよいよ道南は 明後日から 山女解禁です


投稿: KEN | 2011年5月30日 (月) 20時39分

>KENさん
この川はほんと流れがあるので、30㎝そこそこの魚でもかなり楽しめます。この日はたまたまタイミングが合ったようで良い感じでした。
そちらのヤマメは6月解禁ですもんね。行く川が増えて忙しくなりますね^^
こちらのヤマメはまだ1ヶ月先です(>_<)

投稿: アカガレイ | 2011年5月31日 (火) 06時23分

こんばんは。
レインボーのオンパレードですね、
こちらではこれだけのレインボーを見るのは難しいです。
イワナも良いけどレインボーも良いですね。

投稿: BOB | 2011年5月31日 (火) 21時11分

こんばんは!アカガレイさん。
道南も新緑の季節を迎え、山岳渓流も旬を迎えましたね。まだ、林道の奥には雪渓が残っており水温は低めに経過していましたが、先週末のBOB氏達との釣りでは、淵の流れの緩いところでは、ライズも見られましたので、ドライの本番はこれからでしょう。

しかし、「ふるさとの本流」とはまた・・、ノスタルジックな雰囲気で良いですな。今回の釣行、アカガレイさんの釣技はもちろんですが、ポイントの選定と棚の取り方がドンピシャリであったのでしょう。でも、これだけの数と型が出るニジマスの川は、私は知りませんなぁ・・。お見事でありました。

投稿: shinya@セカンドハウス | 2011年5月31日 (火) 22時39分

>BOBさん
こちら道東にいると今時期はアメマスたちも大方海に下ってしまい川となるとニジマス君くらいしか相手にできないんですよね~。嫌ではないですが^^
ただ、あと1ヶ月もするとヤマメ解禁で、その頃になると知床方面のオショロコマもシーズンインするので、それまではニジマス君と遊んでようと思ってます。
止水に行けばアメマスも居るのですが、最近、ご機嫌斜めなようで…(>_<)

投稿: アカガレイ | 2011年6月 1日 (水) 23時22分

>shinyaさん
道東の魚たちも次第に水面に興味を示し始めているようで、ドライの季節到来まであと一歩のところまで来ているようです。まりも湖のほうのアメマスたちはワカサギからミッジへ食を変えているようですし。ただ、なかなか気温が上がらず、ドライでビシバシまではもう少しかかりそうですね。「ふるさとの本流」は当たり外れが激しくて、なかなか難しい川ですが、今回は増水からちょうど減水し濁りが取れたばかりだったようなので、タイミングが良かったようです。

投稿: アカガレイ | 2011年6月 1日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/40182364

この記事へのトラックバック一覧です: やっとここで会えましたね~(110528釣行記):

« 代休取ってパラダイスへ行ったけど・・・(110526釣行記) | トップページ | 気になるあそこの開拓釣行(1)(2011道北遠征PART1:110604釣行記) »