« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の6件の記事

2010年11月28日 (日)

季節外れにサクラサク(101127釣行記)

さて、11月最後の週末は日曜が荒天予報で、土曜しか釣りができません。
となると、土曜に何とか良い釣りをしたいところですが、さすがにこの時期になると行き先に悩みます。
無難にいくなら道東平野河川~十勝川の下流域のアメマス君か???
しかし、ここらは人が多そうなのでちょっと行くのに躊躇しちゃいます。
そこで「クッシーの止水」へ行こうかとも思ったのですが、ここへ行くと結果が見えているのでやっぱりパス。
あれこれ悩んで十勝方面の小河川のアメマス釣りも考えましたが、結局、今月末で禁漁になる「まりもの止水」へ行くことにしました。
この時期、ここへ来る人はニジ様を狙っているのでしょうが、私はちょいと狙いが違いまして・・・coldsweats01


道東まりもの止水
11月27日(土)7:00-15:00
天候:晴れ 気温:-2-1℃ 水温:7-8℃
状況(午前):北東の風3m、波50cm(沖白波多い)、濁りなし
状況(午後):無風、ベタ凪 ※15時前から風吹き始め午前と同じ状況に
ハッチ:無し ライズ(ボイル):少ない 釣果:サクラマス様(40cm)1尾 ※同行者サクラ3尾、アメ1尾


1011270001
前夜、まりもの止水へ向かっている途中にえなり君から電話があり、私が「明日、まりもの止水へ行く」と言うと、彼もそれでは行くということだったので一緒に釣ることになりました。しかし、彼は9時ごろに到着するとのことだったので、私はいつもどおり夜明けと共に準備し、7時から釣り始めました。
ポイントに到着すると、やや風が強く波が立っていますが、釣り出来ないという状況ではなかったので、立ちこんで大島方向に向けてキャスティングを始めます。
この日は、朝から快晴で雄阿寒岳も綺麗に見えます。そして、この陽射しのお陰か、気温の割にはあまり寒さは感じませんでした。
そして、私のこの日の狙いは、最近、この止水で増えていると言うサクラ様。ニジ様よりも出会い易いようなので、期待していました。だからフライも・・・

1011270002
サクラ狙いと言うことで、赤のマラブーリーチ#10を3本巻いて行きました。
しかし、このフライは3本とも使い始めるとすぐに根掛かりして無くなってしまい、サクラへ効果があるのかどうか分からずじまいという虚しい結果に終わりましたweep

1011270003
さて、そうこうしているうちにえなり君も到着し、並んでキャスティングを続けます。彼が到着してしばらくは朝よりも風が強まり波も高くなって、釣り継続できるのか怪しい雰囲気になりましたが、正午前には風も収まり、湖面は鏡のようなベタ凪状態となりました。そんな中、えなり君はサクラ様とアメ君の顔を見ています。
しかし、私には全くお魚が・・・weep

1011270004
この時期でも素手で頑張って引っ張り続けているのに・・・。
そしてそれがたたってか、右手中指の第1関節の上にもう1本関節のような筋が・・・。ラインがこすれて綺麗に切れてしまいました。ただ、この時点ではまだそれほど痛みはありませんでした。
これだけ頑張っているのに釣れないのか?と心が折れてきたとき、この止水で私にとっては幸運の使者となっている遊覧船が前を取りすぎ大きな引き波が寄せられました。すると横で釣っていたえなり君にまたまたサクラ様が。ああ、私には来なかったか。もうダメだな、帰ろうかなと思ったとき、ラインが引っ張られ、ん?根掛かり?と思いながら引っ張ると生命反応があるじゃないですか!!

今年春に購入したダブハンロッドで、ウ様と産卵前のヒメマスしか釣ったことの無い私は、パニックになりながらギャーギャー騒ぎ、ラインを絡ませ、なんとかランディングし対面したお魚は・・・

1011270005
銀ピカのサクラマス様lovely
サクラにしては40cmとまだまだ小サイズですが、ピカピカの体にピンピンの鰭、そして立派なお顔lovely
やっぱりサクラマスはいつ見ても良いです。ほんと私、サクラマスが好きなもので・・・coldsweats01
私にとって、このサクラ様は来年、もっと良い釣りができることを暗示しているように感じましたlovely

この1尾に出会い、さぁ、これからとキャスティングを続けましたが、次第に、風が強まり気温が下がってきただけでなく、私の切れた指から血が出はじめ、痛みも尋常じゃなくなってきたので15時前に釣りを終了しました。

1011270006
禁漁前のこの止水で、最後の最後に気分良く釣りを終えることができました。
今年、ここへは何度か訪れましたが、引っ張りで数尾のアメマス様に出会えた日はありましたが、モンカゲドライでアメマス様に出会えなかったし、ボの日も多く、私にとってはなかなか厳しい止水でした。
この日は入りませんでしたが、いつも入っているお気に入り小島前のポイントを眺めながら、来年こそは良い釣りがここで出来たら良いなと思ってここを後にしました。
来年、またあの小島前でキャスティングするのが楽しみです。

1011270007
サクラ様、この度はありがとうございます。お会いできて光栄ですlovely
そして、私のダブハンにやっと良い魂を入れてくださいました。悪夢のウ様100尾の魂(呪い?)はこれで完全に消え去りましたよ。

それにしても、私のダブハンはウ様、ヒメマス、サクラ様の3目しか釣っていないのですが、アメマスやニジマスの魂が無いちょっと変わった仕様になっている気が・・・coldsweats01

ロッド:LOOP EVOTEC 8136-4MF
リール:LOOP EVOTEC CLW 8twelve
ライン:LOOP OATH 8-9SI + LOOP OATH 8-9FI
リーダー:LOOP LNL-Lサーモンライト(15ft20LB)
ティペット:1X50cm
ヒットフライ:ウーリーバガー#14   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

寒さに凍えて?錆びたニジマスたち(101121釣行記)

この日も前日と同じく、ニジマス様を求めてストイックな釣りを決行しました。
行き先は当初道東J川を考えていましたが、時期が時期だけに小河川の方がニジマス様に出会える可能性が高いかな?と思い、道東Y川に突撃することにしました。しかし、このY川はハマれば良い釣りができるのですが、ダメな時はサッパリなのが気掛かりで・・・


道東Y川
11月21日(日)6:40-10:30
天候:晴れ 気温:-4-10℃ 水温:3℃ 状況:水量やや少ない ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ ライズ:無し
釣果:ニジマス君(15-33cm)5尾


1011210001
盛期のY川は、木々が生い茂り鬱蒼とした渓相なのですが、さすがにこの時期になると木の葉はすべて落ちてしまい、明るく開けた渓相になっています。そのせいか、朝日が照っているにも関わらず、風通しが良く寒さが身に凍みました。
そして、水温は前日のホームの渓よりはかなり低く3℃しかありません。
しかし、入ってすぐのところで・・・

1011210002

水温が3℃しか無いせいか、結構サビは入っていましたが、34cmのニジマス君が出てきました。
ちなみに、咥えさせたフライですが、最近はイクラフライばかりだったので、いい加減ちゃんとした(?)フライで釣りたいと流した金玉ウェットです。
ほんとイクラフライ以外で釣ったのは恥ずかしいことに1ヶ月以上振りかも
coldsweats01

1011210003
ただ、釣り始めてすぐにニジマス君に出会えたとはいえ、この日の朝の冷え込みはきつく、河岸は霜で真っ白、そして流れに横たわる倒木は凍っているような状況です。心配していた通り、この日は厳しい釣りとなりました。

1011210004
いつも(盛期)なら最低でもチビニジ君が出てくるポイントでも、何の音沙汰もありませんbearing
ここでヤケクソになってイクラフライを流してみると・・・


1011210005
チビニジ君・・・こんにちは。。。って、結局、イクラフライかいなcatface

1011210006
しかし、イクラフライを流してみても、上の鉄板ポイントでも何も出てこないような状況。
今日はほんとに厳しいと言うことで予定よりも早く脱渓して(2キロ釣り上がって撤収)、別の渓へ移動することにしました。移動先は、当初予定していたJ川。しかし、J川に到着すると、この時期良いポイントは先行者が多く入っており、釣り出来るような状況ではありませんでした。そこで、少しウロウロして入渓点を探っていると、昨年良い思いをしたポイントに先行者が居なかったのでここで釣りをすることにしました。ただ、このポイントは10月に状況を見に来ていますが、渓相が大きく変わってしまっていて、あまり期待は出来ないのですが。


道東J川
11月21日(日)12:00-13:30
天候:晴れ 気温:10-12℃ 水温:4℃ 状況:水量やや少ない ハッチ:ユスリカ ライズ:無し
釣果:ニジマス君(15、25、34、38cm)各1尾、アメマス君(38cm)1尾


1011210007
渓に降り立った時間はほぼ正午。この時期としては気温が上がっており、入渓時の気温は10℃とポカポカ陽気となっていましたが、ここも水温は4℃と厳しい感じでした。
しかし、Y川と違ってここJ川はシロザケが上る川で、ボロボロのシロザケが浅瀬をユラユラと泳いでいます。
となると、迷わずイクラフライを選択ですcoldsweats01

やはりイクラフライはこの時期強力ですね。


1011210008
30cmちょっとのニジマス君、こんにちは。
ただ、この魚も盛期とは違って色が黒ずんでサビています。まぁ、こればかりは仕方ないですね。

1011210009

そして、この流域で一番期待の瀬のポイント。昨年、良い釣り出来た時と比べると、水深がかなり浅くなり、岩盤底に多く走っていたスリットは砂で埋まってしまっています。でも、よ~くポイントを見ていると、ボサ際のほうは水深があるようです。そのボサ際を狙ってフライを流してやると、1投目で当たりが。狙い通りとルンルン気分でランディングすると・・・

1011210010
こ・・・この渓でもあなたですか・・・。アメマス君・・・またまた、こんにちは。
あなたのこと嫌いではないですよ 。ただ驚いてます。居るのはわかってますが・・・ほんと、何度も言ってますが、今年はあなた方の当たり年のようですね。

ただ、この瀬ではアメマス君だけでなく・・・

1011210011
あと2cmでニジマス様のややサビの入ったニジマス君(←ややこしいわcoldsweats01)も出てきてくれました。
このニジマス君は写真を見てもらえれば分かるように、体調の割りに尾鰭が大きく、尾柄部も太く将来有望な1尾でした。冬を越した来年夏にでももう一度再会したい1尾ですね。

1011210012
さぁ、この1尾に気を良くしてガンガン釣りあがろうと思いましたが、この渓で釣りを始めたころから、原因不明なのですが、両足の甲の内側が異常に痛くなっていました。その痛みがますます酷くなり、歩くのも辛い状態になってきた(帰りの車の運転も痛くてちょっと大変で、今もその痛みが引かない・・・)ので泣く泣く脱渓しました。いったい、この痛みは何なんですかね?ただの歩きすぎなら良いのですが・・・。

ちなみに脱渓したのは昼1時半頃だったのですが、上のような感じでもう夕方って雰囲気でした。ほんと、この時期は陽が落ちるのが早いですね。まだ、冬至まで1ヶ月ほどあるのに・・・。
何にしてもそれほど大きくはありませんが数尾のニジマス君とアメマス君に出会えました。
まぁ、この日の水温などを考えると、出会えただけで十分ですねconfident


ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X9ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:イクラフライ#10、金玉ウェット#10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

アメマス釣りに来たと思えば良しなのですが・・・(101120釣行記)

今週は久々に土日共に単独釣行です。
というわけで今週末は、2日続けてニジマス様を求めてストイックな釣りをしました。
まず、土曜日。この日は、先週、先々週と訪れている道東ホームの渓①へ行きました。ただ、先週までとは違い、この日はストイックな釣りというわけで、約9キロの釣り上がりです(帰りは入渓点まで約5キロで計14キロ歩くことに・・・)。
これだけ釣り歩いたのですが・・・


道東ホームの渓①
11月14日(日)6:00-15:00
天候:晴れ 気温:-2-11℃ 水温:8℃ 状況:水量やや少ない ハッチ:ミッジ少し ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-33cm)5尾、アメマス君(40-47cm)18尾


1011200001
今シーズン初めて、河原がガチガチに凍っており、寒さが厳しくなってきました。とはいっても、この日もまだ日中は気温二桁まで上がり、この時期としては暖かい1日でした。

1011200002

ただ、朝は氷点下で厳しい寒さです。こんなクソ寒い中、魚たちはやる気があるのだろうか???と思ったのですが、先週は無反応だった入渓点のトロ瀬から・・・

1011200003

この日の『おはようアメマス君』が現われました。そして、アメマス君だけでなく・・・

1011200004

30cmちょっとのニジマス君も立て続けに2尾出てきました。
なかなか、幸先の良いスタートだったので、この日はかなり良い釣りになるとこの時点では思っていたのですが・・・


1011200005
しかし、その後は瀬では魚の反応が全くありません。
そして、2時間ほど何も釣れないまま釣り上がっていくと・・・

10112000061011200007
40cm台のアメマス君が入れ食い状態になる淵が(諸事情により淵の写真はUPできません)・・・。
ただ、この淵で私はこの日最大のミスを犯してしまうことに・・・。
ニジマス様に会いたいと思っていた私は、このアメマスたちの猛攻にやや嫌気を感じながらフライを流していました。すると、ちょっと大きな魚がフライを咥えたようで少しだけ上流に走って止まりました。ここで、私は、少し大きめのアメマスが掛かったな。60くらいかな?なんて感じで雑にランディングしようと無理やり引き寄せると、その魚は結構なサイズで赤い側線が・・・。これは、ニジマス様じゃないですかぁ!!50くらいある!!と気付いた時は手遅れでした・・・。無理やり寄せられたニジマス様は、お怒りのジャンプ1発と首振り2回で私のイクラフライを外し、消えてしまいました・・・crying
やってしまいました・・・。まさかアメマスの群れの中にニジマス様が混ざっているとは・・・。掛かってくるアメマス君を丁寧にランディングしていれば・・・。後悔しか残らないです。
その後、傷心状態で釣り上がって行きました。

1011200008
そして、その傷心状態に追い討ちをかけたのは、上のポイントのボサ際にピンポイントでフライを送り込むことに成功し、40ちょっとニジマス様を掛けたときのこと。ランディングまで持ち込んで、ネットインへの最終体制に入ったときに、手からネットが滑り落ちました。そして、もたついているとラインが弛んでしまいその隙にニジマス様に逃げられる始末。
もう散々です・・・crying
キャスティングが下手な私にとって、100投に1回有るか無いかのキャスティングが巧くいき、ニジマス様を掛けられたのに・・・。ほんと無念です。

1011200009
上のニジマス様を掛けたあとは、ニジマス様だけでなくアメマス君も含めて、魚の反応がほとんど無くなってしまいました。 特にアメマスに関しては、大ニジ様をバラシたポイントより上流では全く出てきませんでした。アメマスは大方、下流に下ってしまったようですね。まぁ、時期が時期ですから当然なのですが・・・。

1011200010
そして、20-25cmのニジマス君は忘れた頃に出てくるような感じで、ほんと厳しい釣りでした。

1011200011
こんな厳しい中、先週ニジマス様が出てきた緩やかな瀬に期待していたのですが、この日は先週よりも水量が落ちていて、全く魚の反応がありませんでした。

9キロ釣り上がって、数、型共に悲惨なこの釣果・・・。アメマス釣りに来たと思えば、まずまずなのかもしれませんが、ドッと疲れた1日でした。あの無気力な釣りのせいでバラシてしまった1尾は・・・。。。悔しいですcrying
こんな気持ちですから、日曜は当初の考えでは『まりもの止水』へ突撃する予定でしたが、予定を変更して別渓へニジマス様を求めて突撃することにしました。

何にしても丁寧な釣りをしなきゃいけないと痛感させられた土曜日でした。そして、最近忘れかけているので、改めてアメマス君への感謝することも。

1011200012
やぁ、アメマス君。
この度は寒い中、そしてもう11月の終盤だと言うのに、いまだにイクラフライにじゃれてくれて有難うございますconfident
感謝してますが・・・まさか、大ニジ様を匿ってるとは・・・。

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X9ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:イクラフライ#10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

川ではあなたに出会えるのですが・・・(101113、101114釣行記)

さて、土曜の前日の金曜日。シュガー君とKETさんと仕事をする機会があったのですが、その時、ほんのちょこっと釣りの話をしてたら、急遽、土曜日、皆でクッシーの止水に突撃することになりました。ただ、私は金曜の晩、お付き合いの泊りでの飲み会が入っており、まぁ、飲まずに1次会だけ出てそのままクッシーの止水へ走ればよいやと思っていたのですが・・・
結局、人が飲んでいるのを見ていると、飲みたくなり、1次会、2次会で飲んだ挙句、宿から町へ出てしまう始末・・・

というわけで、私はチョット後れての出撃となりましたcoldsweats01


クッシーの止水
11月13日(土)9:00-14:30
天候:晴れ 気温:2-8℃ 水温:9℃ 状況:風弱い、さざ波程度、濁りなし ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し
釣果:ヒメマス様(25cm前後)2尾


1011130001

止水に到着すると2人が頑張っているのが見えます。ただ、釣れている気配は・・・。話しかけると案の定、厳しい模様。
まぁ、ここはクッシーの止水ですから、それは致し方ないこと。
私も遅ればせながら、合流してロッドを振ります。

1011130002

状況としては、風が弱くベタ凪といった感じでしたが、時々風が吹いて湖面にさざ波が立ち、悪くは無いような気がしました。しかし、この時期に期待するカメムシやテントウムシが木から落ちたり、湖面に浮いている気配は全くありませんでした。こんな状況ですから、フライを咥えるお魚も期待しているニジマス様ではなく・・・

1011130003
前回と同じヒメマス君・・・despair
そして、私の横で釣りをしているシュガー君は・・・


1011130004
大物が釣れたと・・・gawk
彼は、ここへ来る前の朝4時半に、くじ引きでワンピースの大物を釣ったようですから、余裕なんでしょうsmile

1011130005

結局、この日も昼過ぎまでやって3人の元へ、ニジ様とアメ君がやってくることはありませんでした。
こんなこともありますよね・・・と言いつつ、ここに来たらいつもこういう目にあってるような・・・crying
まぁ、これに懲りず、これからもちょくちょく打ちのめされに行きますわ。。。

何はともあれ、お2人、お疲れ様でした。次は十勝川下流域ですかね・・・coldsweats01

そして、日曜日は、本来、雨予報だったので釣りしない予定だったのですが、予報が晴れに変わったので、止水の仇を川で討つことにしました。


道東ホームの渓①
11月14日(日)6:30-12:00
天候:晴れ 気温:1-10℃ 水温:8℃ 状況:水量やや多い笹濁り ハッチ:ミッジ少し ライズ:無し
釣果:ニジマス様(43cm)1尾、ニジマス君(34cm)1尾、チビニジちゃん1尾、アメマス君(43、44cm)各1尾


1011140001
先週に引き続き、またまたホームの渓へニジ様に会いに行きました。この日は、先週よりも少し下流のこれまであまり釣りをしたことの無い流域から1年ぶりのポイントまでの釣り上がりを計画していました。しかし、詳しくは書きませんが、ちょっと鬱陶しい釣り人のせいで計画通りの釣りは出来ませんでしたが、それでもある程度、この流域の状況がわかったので収穫はありです。数年前に比べて一部淵が無くなっていたのには驚きましたが・・・。

1011140002
この日のポイントは入ってすぐは、いかにもアメマスが居そうな淵やら瀬が多くありました。ただ、この川は近隣の川と比べてアメマスの数が少なく、去年はこの時期、1尾しか40UPのアメマス君には出会えませんでした。しかし、先週は邪魔になるくらい釣れ、この日も・・・

1011140003
去年、ニジマス様が居たポイントからアメマス君が出てくる始末。ただ、この日は先週、外道呼ばわりしてしまったせいか、2尾しか釣れませんでした。時期的にアメマスたちは今回のポイントよりもグッと下流に下ったのもあるのでしょうが。
それにしても、釣れ過ぎると邪魔に感じますが、釣れないと寂しいもんですね。ほんと、私ってワガママで・・・coldsweats01

1011140004
さて、上流へ釣り上がって行くにつれてアメマスの姿が見えなくなりました。そして、この辺りに来ると、昨年は20cm前後のチビニジ君が元気に淵から出てきたのですが、この日はチビニジ君もニジマス様も全く出てきません。さすがに、これには焦りました。どうしたことかと・・・。最近釣り人が多いから抜かれたのか?それとも、今年異常に多いアメマスに食われたのか?
しかし、それは余計な心配であったと同時に、私がこの日のニジマス様の居るポイントを把握できていなかっただけのようでした。昨年はこの時期、ニジマスたちは緩やかな流れの淵に多く居たのですが・・・

1011140005
この日は、盛期と同じような瀬の中に入っていたようでした。何気なく、こんなところに今頃居ないよなぁ~と思いながら、脱渓点の瀬でフライを流したら1発で・・・

1011140006
体高のあるニジマス様、こんにちはlovely
止水ではお会いできませんが、川のほうでは、結構、会いますね。
顔も凛々しく、尾鰭も上側はピンピン、下側は大きな魚特有の少しスレて平らになっている感じがこれまたGOODです。模様は、ゴマ斑点が大きく、先週の銀ピカのニジマス様とはまた異なった感じのニジマス様でした。
魚は良かったのですが釣ったフライが、イクラフライと言うのがちょっと恥ずかしいですが・・・、でも今時期はイクラも食べているでしょうから大目に見てくださいcoldsweats01

この瀬ではもう一尾ニジマス君が・・・

1011140007
この魚はこれまた模様が異なり、ホウライマスほどではありませんが、斑点の少ない(ただ体の後ろの方には普通に斑点有)魚でした。
ほんと先週のニジ様も含めて、これだけ模様が違うと、これらが皆同じ種類だとは思えないですね。おそらく亜種なんかで分けられちゃうんですかね?良くわかりませんが・・・。

この時期でもまだ瀬の中をガンガン泳いでいるのには驚きましたが、何にしてもニジマス様が元気なのは良いことですね。あと、アメマス君、今年、異常発生しているんですかね???なんだか多過ぎます。ほんと、去年はこの時期は中流域ではほとんど気配が無かったですから。。。

でも、アメマス君が多いことは良いことですねconfident

===土曜日===

ロッド:LOOP EVOTEC 8136-MF
リール:LOOP EVOTEC CLW 8twelve
ライン:LOOP OATH 8-9SI + LOOP OATH 8-9FI
リーダー:LOOP LNL-Lサーモンライト(15ft20LB)
ティペット:1X50cm
ヒットフライ:イクラフライ#10

===日曜日===
ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X9ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:イクラフライ#10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

本命だったり、外道だったり・・・(101106、101107釣行記)

先週の土曜日は、数ヶ月ぶりにマコ君との釣りでした。行き先は、飽きもせず、私にとっては3週連続となる『道東アメマス君の第1故郷』。前2週はまずまず良い釣りができましたが、今回は行く前からそれまでのような良い釣りは出来ないと思っていました。でも、全くダメということは無いだろうと思い、一発70UPを目指したのですが・・・。

道東アメマス君の第1故郷
11月6日(土)5:30-15:00
天候:晴れ 気温:-3-13℃ 水温:7℃ 状況:水量少ない濁り無し ハッチ:ほとんど無し ライズ:無し
釣果:アメマス様(56cm)1尾、アメマス君(6-49cm)30尾前後 
※2人で50尾前後?前週までより大きく釣果減

10110600011011060002

さて、入ったポイントも3週連続同じ。ほんと飽きるでしょ?なんて言われそうですが、全く飽きてませんcoldsweats01
3週連続同じポイントで釣りをすると、色々な違いが見えてきます。この日は少し釣り上がっただけで前週までとの違いに気付きました。とにかく、この日は浅瀬に居る魚が少なく、そして淵やらアメマスアパート(倒木ポイント)に居る魚の数が少なく、大型のアメマス様の姿がほとんど見えません。大型魚はもう越冬場所の下流に下ってしまったんですかね?
そのうえ、特定の色のイクラフライにしか興味を示していないようで(他の色も喰わないことは無いのですが)、イクラスイッチが切れかかっているようでした。
それでも・・・

1011060003
40cm台のアメマス君は飽きない程度に出てきます(それ以上に30cm以下のチビアメ君も多くて・・・)。さすがに11月に入り、体色にサビの入った、産卵終わりの魚ばかりでしたが。
今回、前週までのポイントがあまりパッとしなかったので、先週午後から良かったポイントへ移動したものの、そこはほとんど魚が居ない状態。というわけで、数年前にマコ君に教えてもらったポイントへ行ってみました。

1011060004
しかし、当時、良かった淵は埋まっており、かつての面影は無く、アメマス達はほとんど溜まっていませんでした。
それでも、少し歩けばそれなりのポイントが点在してて、アメマス達も少し居たので、来年度改めて攻めてみようと思います。
そんなこんなで、この日、私が目標としていた70UPのアメマス様には出会えず・・・

1011060005
アメマス様自体、上の56cmのもの1尾だけという残念な結果に終わりました。
まぁ、私自身釣れなかったのも残念ですが、それ以上にマコ君に良い釣りしてもらえなかったのが申し訳なくて・・・。
第1故郷が良いと勧めてしまい・・・、ガイド失格ですweep

1011060006
アメマス君・・・そろそろイクラフライにジャレるのも飽きましたか?そして、上中流域に居るのも飽きましたか?
できればこの日までは無邪気な状態で居て欲しかったんですがね・・・、でも、今年は例年以上に無邪気に遊んでくれたので無罪放免にしましょう。
アメマス様、また来年、よろしくお願いします。その時は70UPと言わず、80UPで・・・coldsweats01

そして、日曜日。いろいろあって、土曜日の釣りを終えた後、帰宅することも考えましたが、日曜はこの時期としては暖かくなる予報だったので悩んでいた時に、シュガー君から電話が。そして、彼が私の居るところまで遥々やって来ることとなり、日曜も釣りをすることにしました。
行き先は、ニジマス様を釣りたいという2人の思惑が一致したことから、『道東ホームの渓①』へ行くこととし、1発狙いのポイントへ入渓することとしました。


道東ホームの渓①
11月7日(日)5:30-14:00
天候:晴れ 気温:-1-17℃ 水温:7℃ 状況:水量少ない濁り無し ハッチ:ミッジ少し ライズ:ポツポツ
釣果:ニジマス様(45cm)1尾、ニジマス君(15-30cm)10尾前後、アメマス君(10-46cm)20尾前後


1011070001 1011070002

入渓してすぐは、気温も低い上に、とにかく風が強く寒くて寒くて、どうなることかと思いましたが、陽が上がってくるにつれ気温も上がり、この時期としては快適に釣りができました。

そして、邪道と思われる人も居るのでしょうが、ここでもイクラフライで釣り上がって行きました。やっぱり季節柄、ニジマス様もイクラスイッチが入っているような気がしますし・・・
すると、案の定・・・

1011070003
イクラフライにニジマス君が元気に出てきます。荒食い時期に入っているようで、チビニジたちもプックリ太っていて良い感じです。こんなニジ君たちと遊びながら釣り上がっていくと・・・

1011070004
秋に来た時に大ニジ様をバラシたポイントに到着です。ここで、川底を覗いてみるとやや大き目の魚が群れて泳いでいるのが見えます。 しかし、ニジマス様にしてはおかしな感じです。
そして、その魚は・・・


1011070005
あらら。アメマス君じゃないですかcatface
でも、君達は土曜までは本命でしたが、この日は・・・、申し訳ないのですが・・・、
外道です。。。
ただ外道と言いながら、この日のロッドは#4だったのでそれなりに楽しませてもらいましたがcoldsweats01
ちなみに、この日はルアーで攻めていたシュガー君にも多くのアメマスたちが掛かっていました。土曜日に突撃したアメマスの故郷ではこの時期、ルアーへの反応がなかなか渋いのですが、頗る反応が良いようでした。川が変われば魚の状態もこれだけ変わるもんなんですね。

さて、このポイントでしばらく粘っていると・・・


1011070006
あら?立派なお顔lovely

1011070007
シルバーメタボの45cmニジマス様じゃないですか!!lovely
こちらもしっかり荒食いしているようで、プックプクでlovely
そして、ひれもピンシャンでlovely大満足の一尾でした。

これに気を良くして、ガンガン釣り上がって行きます。


1011070008 1011070009
上がって行くと大物がいかにも居そうなポイントが多くみられます。下(写真)の淵は秋にニジマス様のお顔を拝めたポイントなので凄い期待したのですが・・・

1011070010
ニジマスはチビ君ばかりで・・・
大きなお魚は・・・

1011070011
40cm前後のアメマス君ばかり。
とにかく上流へ行けば行くほど、チビニジ君もほとんど出てこなくなり、アメマス君の猛攻です。
このサイズのアメマス君・・・
クッシーの止水で出会うと、大喜びでその場でクルクル回って踊っちゃうhappy02
アメマス君の故郷で出会うと、うんうん楽しいねって感じconfident
そして、ここで出会うと、ああ・・・アメマスかぁ・・・ニジ様じゃないのねとガッカリthink

私って、ほんと勝手ですね。ガッカリなんていいながら#4ロッドだから楽しんでるし・・・(ガッカリじゃないやんって突っ込まれそうですがcoldsweats01)。

結局、この日、私はニジマス様に出会えたので満足でしたが、案内したシュガー君にニジ様を釣ってもらうことが出来ず(アメマス君の顔は多く見てもらえたようですが)、またまたガイド失格でした。。。

土曜のマコ君、日曜のシュガー君、長時間の釣行お疲れ様でした。
これに懲りず、またいつの日か一緒に行きましょう。
その時までに、もっと釣り歩いて下調べしておきます。

===土曜日===
ロッド:SAGE LAUNCH609
リール:SMITH MARYYAT MR7.5
ライン:WF6F(Pro Series)  リーダー3X9ft ティペット3X(or1X)100cm
ヒットフライ:イクラフライ#10

===日曜日===
ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X9ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:イクラフライ#10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

チップも良いけどやっぱりニジ様が・・・(101103釣行記)

本日は連休で無いうえに、訳あって遠出できないこともあり、釣りに行くのを中止しようかと思っていましたが・・・
やはり行っちゃいました。
行き先は、今年の春、私のダブハンロッドにウ様の強烈な呪いをかけたウ様の王国(通称:クッシーの止水)へ、先日と同じく、シュガー君と突入しました。
朝、止水へ向けて車を走らせている際、結構な強さの雨が降っていたので釣りは出来ないかと思いましたが、現地に到着したら小降りになり、その後すぐに雨が上がり、問題なく釣りが出来る状況となりました。
ひょっとしたらと思ったのですが・・・


クッシーの止水(ウ様の王国改め)
11月3日(水)6:00-14:30
天候:雨のち晴れ 気温:1-7℃ 水温:12℃ 状況:ベタ凪濁りなし ハッチ:ほとんど無し
ライズ:ヒメマスバシャバシャ(ヒメマス以外のライズはウ様も含めて殆ど無し) 釣果:ヒメマス(30cm前後)数尾


1011030001 1011030002 1011030003 1011030004
クッシーの止水は相変わらず美しい景色を見せていました。ただ、この美しい景色に私は騙されませんcoldsweats01
美しい景色とは裏腹に、厳しい試練を私に与えるのは百も承知ですから。

さて、今日は朝の天候が悪かったせいか、止水に到着すると1級ポイントががら空きでしたので、迷わずここでやることとしました。状況としては水温12℃と意外な高水温。これは良いんじゃないかと思いましたが、無風ベタ凪・・・。う~ん、微妙です。そして、湖面を見るとこの時期特有のチップのライズが岸際には見られます。まぁ、この中に本物が居るんじゃないかと信じてダブハンロッドを振り回しました。相変わらず、というかまだ今回で3釣行目ということもあり、アンダーハンドキャスティングの方は全く出来ません。というわけで、立ち込めるだけ立ちこんでバックを可能な限り取り、オーバーヘッドで振り回しました。
まぁ、結果から言うと私が釣れたのは・・・

1011030005

当然のごとくチップばかりでした・・・despair
まぁ、昨年はメスしか釣れなかったので、今年は立派にセッパったオスが釣れたのでほんの少しだけ満足ですが、やはり、この止水の美しいニジ様や大きなアメマス様に会いたかったですね(これがチップではなくて、この止水に極少数だけ存在するベニサケ様なら最高ですよね)。
ただ、この日はウ様の姿が全く見えなかったので、これは最高でしたhappy02
(というわけで、ウ様の王国の名は返上し、クッシーの止水に戻します)
釣れなくてもウ様が見えないのなら通う気になりますね。この晩秋、もう1、2回行けたら良いなと思ってます。
だって・・・
今回、一緒に突撃したシュガー君は・・・

1011030006
いきなりアメマス君を釣り・・・

1011030007
それだけでなく、銀ピカ鰭ピンの46cmニジ様まで釣ったんですから(この1尾は3シーズン分の価値があるかもしれないので、これと引き換えに来シーズンの釣果は微妙に・・・と呪いを心の中でかけましたcoldsweats01)。

冗談はさておき、こんな美しいニジ様が居るのなら、私もちょっと頑張りますかねconfident

1011030008
でも、今日は朝早く、シュガー君の元にアメ、ニジが1尾ずつ現れた以外は、チップの気配しか感じられなかったので、2人とも昼ちょっとすぎに精根尽き果てちゃいました。
精根尽きちゃった私たちは、水中動画撮影に励む結果ことにcoldsweats01

撮影した動画(小川へ遡上するチップ達(約70秒))です↓




ロッド:LOOP EVOTEC 8136-MF
リール:LOOP EVOTEC CLW 8twelve
ライン:LOOP OATH 8-9SI + LOOP OATH 8-9FI
リーダー:LOOP LNL-Lサーモンライト(15ft20LB)
ティペット:3X50cm
ヒットフライ:金玉マラブー(オリーブ、茶)#10
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »