« アメマス釣りに来たと思えば良しなのですが・・・(101120釣行記) | トップページ | 季節外れにサクラサク(101127釣行記) »

2010年11月23日 (火)

寒さに凍えて?錆びたニジマスたち(101121釣行記)

この日も前日と同じく、ニジマス様を求めてストイックな釣りを決行しました。
行き先は当初道東J川を考えていましたが、時期が時期だけに小河川の方がニジマス様に出会える可能性が高いかな?と思い、道東Y川に突撃することにしました。しかし、このY川はハマれば良い釣りができるのですが、ダメな時はサッパリなのが気掛かりで・・・


道東Y川
11月21日(日)6:40-10:30
天候:晴れ 気温:-4-10℃ 水温:3℃ 状況:水量やや少ない ハッチ:ユスリカ、コカゲロウ ライズ:無し
釣果:ニジマス君(15-33cm)5尾


1011210001
盛期のY川は、木々が生い茂り鬱蒼とした渓相なのですが、さすがにこの時期になると木の葉はすべて落ちてしまい、明るく開けた渓相になっています。そのせいか、朝日が照っているにも関わらず、風通しが良く寒さが身に凍みました。
そして、水温は前日のホームの渓よりはかなり低く3℃しかありません。
しかし、入ってすぐのところで・・・

1011210002

水温が3℃しか無いせいか、結構サビは入っていましたが、34cmのニジマス君が出てきました。
ちなみに、咥えさせたフライですが、最近はイクラフライばかりだったので、いい加減ちゃんとした(?)フライで釣りたいと流した金玉ウェットです。
ほんとイクラフライ以外で釣ったのは恥ずかしいことに1ヶ月以上振りかも
coldsweats01

1011210003
ただ、釣り始めてすぐにニジマス君に出会えたとはいえ、この日の朝の冷え込みはきつく、河岸は霜で真っ白、そして流れに横たわる倒木は凍っているような状況です。心配していた通り、この日は厳しい釣りとなりました。

1011210004
いつも(盛期)なら最低でもチビニジ君が出てくるポイントでも、何の音沙汰もありませんbearing
ここでヤケクソになってイクラフライを流してみると・・・


1011210005
チビニジ君・・・こんにちは。。。って、結局、イクラフライかいなcatface

1011210006
しかし、イクラフライを流してみても、上の鉄板ポイントでも何も出てこないような状況。
今日はほんとに厳しいと言うことで予定よりも早く脱渓して(2キロ釣り上がって撤収)、別の渓へ移動することにしました。移動先は、当初予定していたJ川。しかし、J川に到着すると、この時期良いポイントは先行者が多く入っており、釣り出来るような状況ではありませんでした。そこで、少しウロウロして入渓点を探っていると、昨年良い思いをしたポイントに先行者が居なかったのでここで釣りをすることにしました。ただ、このポイントは10月に状況を見に来ていますが、渓相が大きく変わってしまっていて、あまり期待は出来ないのですが。


道東J川
11月21日(日)12:00-13:30
天候:晴れ 気温:10-12℃ 水温:4℃ 状況:水量やや少ない ハッチ:ユスリカ ライズ:無し
釣果:ニジマス君(15、25、34、38cm)各1尾、アメマス君(38cm)1尾


1011210007
渓に降り立った時間はほぼ正午。この時期としては気温が上がっており、入渓時の気温は10℃とポカポカ陽気となっていましたが、ここも水温は4℃と厳しい感じでした。
しかし、Y川と違ってここJ川はシロザケが上る川で、ボロボロのシロザケが浅瀬をユラユラと泳いでいます。
となると、迷わずイクラフライを選択ですcoldsweats01

やはりイクラフライはこの時期強力ですね。


1011210008
30cmちょっとのニジマス君、こんにちは。
ただ、この魚も盛期とは違って色が黒ずんでサビています。まぁ、こればかりは仕方ないですね。

1011210009

そして、この流域で一番期待の瀬のポイント。昨年、良い釣り出来た時と比べると、水深がかなり浅くなり、岩盤底に多く走っていたスリットは砂で埋まってしまっています。でも、よ~くポイントを見ていると、ボサ際のほうは水深があるようです。そのボサ際を狙ってフライを流してやると、1投目で当たりが。狙い通りとルンルン気分でランディングすると・・・

1011210010
こ・・・この渓でもあなたですか・・・。アメマス君・・・またまた、こんにちは。
あなたのこと嫌いではないですよ 。ただ驚いてます。居るのはわかってますが・・・ほんと、何度も言ってますが、今年はあなた方の当たり年のようですね。

ただ、この瀬ではアメマス君だけでなく・・・

1011210011
あと2cmでニジマス様のややサビの入ったニジマス君(←ややこしいわcoldsweats01)も出てきてくれました。
このニジマス君は写真を見てもらえれば分かるように、体調の割りに尾鰭が大きく、尾柄部も太く将来有望な1尾でした。冬を越した来年夏にでももう一度再会したい1尾ですね。

1011210012
さぁ、この1尾に気を良くしてガンガン釣りあがろうと思いましたが、この渓で釣りを始めたころから、原因不明なのですが、両足の甲の内側が異常に痛くなっていました。その痛みがますます酷くなり、歩くのも辛い状態になってきた(帰りの車の運転も痛くてちょっと大変で、今もその痛みが引かない・・・)ので泣く泣く脱渓しました。いったい、この痛みは何なんですかね?ただの歩きすぎなら良いのですが・・・。

ちなみに脱渓したのは昼1時半頃だったのですが、上のような感じでもう夕方って雰囲気でした。ほんと、この時期は陽が落ちるのが早いですね。まだ、冬至まで1ヶ月ほどあるのに・・・。
何にしてもそれほど大きくはありませんが数尾のニジマス君とアメマス君に出会えました。
まぁ、この日の水温などを考えると、出会えただけで十分ですねconfident


ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X9ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:イクラフライ#10、金玉ウェット#10

|

« アメマス釣りに来たと思えば良しなのですが・・・(101120釣行記) | トップページ | 季節外れにサクラサク(101127釣行記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/37797841

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さに凍えて?錆びたニジマスたち(101121釣行記):

« アメマス釣りに来たと思えば良しなのですが・・・(101120釣行記) | トップページ | 季節外れにサクラサク(101127釣行記) »