« 遠征の帰りにホームの渓で(2010道南遠征PART5-5:100921釣行記) | トップページ | 災い転じてスイッチON!!(101016釣行記) »

2010年10月 4日 (月)

秋は大ニジ様の季節なのに・・・(泣)(101002、100203釣行記)

さて、先週の釣りから10月に入り、今シーズンも終わりが見えてきました。
しかし、この時期、某雑誌にも毎年のように書かれている通りに、秋は大ニジの季節、大ニジラストチャンスというわけで一発狙って十勝へ出かけているのですが・・・

十勝というとやはり「プーさんの本流」。こんなことを書くと怒られるかもしれませんが、私自身、十勝に関しては「プーさんの本流」以外のニジ様にはあまり興味がなくなっています・・・。秋はニジマス様が最も美しくなる季節。となるともう「プーさんの本流」のニジ様は凄いことになっているのでは?と期待して土曜日に2週連続で突撃したのですが・・・。

1010020001
大渇水状態で、淵などを何ヶ所か回ってみたのですが全くニジ様の気配がありません。。。
前週に突撃した時も水量が少なかったのですが、その後、雨が降ったのでそこそこ回復していると期待したのですが、その時以上に水量が落ちていました。前週は少ないながらもニジ君の顔も見れ、多くのオショロ様に出会えたのですが、この日はオショロ様でさえ1尾しか出てこない始末・・・。メイフライのハッチが多く、気温もそこそこ上がっていたので条件は良かったのに・・・。仕方なくイブニング前に条件の良い渓へと移動したのですが・・・


1010020002
「十勝ピョウタンの本流」の中上流域は、これまた大渇水。仕方なく、「十勝ゴールドラッシュの本流」の某支流へ行ったのですが、ここはサクラマスだらけ・・・。十勝まで来てニジ様はおろか、ニジ君の顔さえ見れないのか?と情け無い気持ちになってきたとき、ヤケクソでこれまで行ったことの無い川へ行って見ました。

1010020003
行ったのは、「十勝スイートコーンの本流」。ここは魚影が濃いと噂では聞いていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。あちらこちら護岸改修されていて痛々しい感じの川でしたが、岩盤底の良い感じのポイントも点在していてなかなか面白そうな印象を持ちました。そして魚影が濃いとの言葉通り、30分ほどしか釣りしませんでしたがニジマス君がポツポツと。「プーさんの本流」がサッパリな時の保険に良いかなと思いました。去年まで保険の渓として利用していた、「マダラの本流」が今年はサッパリなので・・・

そんなこんなで、本当は土日十勝でみっちり釣りする予定でしたが、水量が少なく難しい釣りを強いられそうだったので、日曜は思いっきり移動して道東の某渓へ行くことにしました。この川がどこか分かる人には、この土日の移動距離はアホ過ぎると笑われそうですが・・・


道東Y川
10月3日(日)7:00-11:30
天候:曇り 気温:10-12℃ 水温:8→9℃ 状況:水量少ない、濁り無し、落ち葉多い
ハッチ:小さめのカディス少し ライズ:無し 釣果:ニジマス様(38cm)2尾、ニジマス君(20-29cm)15尾前後

1010030001 1010030002

このY川には今年も数回訪れていますが、水量が多いときよりも少な目の時の方が良い思いが出来ます。十勝の渇水状況からこちらも渇水だろうなと思い、案外、Y川は良いかも?と十勝からはチョット離れているのですが、無理して突撃することにしました。到着してみると、案の定、水量は少なく(写真からは多そうに見えますが)、悪くは無さそうでした。ただ、落ち葉が若干流れていましたが・・・。

1010030003
そんな落ち葉に苦労しながら、ウェットでポイントを探ると元気だけれど小さなニジ君がご挨拶に出てきました。ただ、昨日からパーマークの残ったニジ君にしか会えていないのが・・・

1010030004
少し不満を感じながら釣り上がります。夏場だと鬱蒼とし、蚊やらの吸血昆虫を含む虫だらけの渓ですが、流石にこの時期になると虫も少なく、岸際のシダなども枯れて遡行しやすく快適な釣りが出来ます。
そこそこ釣り上がると・・・

1010030005
25cmを超えたやや大きめのニジ君もちらほらと・・・。それでもまだパーマークがうっすら見えています。
今週はニジ様に会えないかなと思っていたのですが・・・

1010030006 1010030007
なんとか立て続けに2尾、38cmのニジマス様に会うことが出来ました。
まぁ、会いたかった秋の大ニジ様では無いですが、とりあえず一安心ですconfident
これに気を良くして、来年のためにもう一つのお気に入り(だった)渓の様子を見に行きました。


道東J川
10月3日(日)12:30-13:30
天候:曇り 気温:13℃ 水温:10℃ 状況:水量少ない、濁り無し、落ち葉多い
ハッチ:小さめのカディス少し ライズ:無し 釣果:ニジマス君(20-30
cm)4尾

1010030008
このJ川は一昨年は良い思いをしたお気に入りの渓だったのですが、今年は至るところで河川改修が行われ、護岸だらけになり1級ポイントが消失してしまいました。それからは、足が遠のいていたのですが、来年、ここで釣りをするかどうか考えるため、ちょっと様子を見てみました。
ちなみに、上の写真のポイントは、ニジマス様やアメマス君などが多く着いていたポイントなのですが、今シーズンはパッとしませんでした。
この日は・・・

1010030009
30cm(写真左側:なんだか下顎の形がおかしくて・・・)と24cmのニジマス君が出てきました。ちょっと、状況
が好転したかな?と思える2尾の登場に来年もこの渓に来ようと思いました。
だって・・・

1010030010 1010030011
渓相はこんなに美しいんですから。
でも、実際は左岸側はほぼみっちり護岸で残念な渓相なんですがね。まぁ、それを見ないようにすれば・・・。
そして、この渓では・・・

1010030012
役目を終えた多くのシロザケが居ました。写真のボロボロになったシロザケは、まだ鰓と口が動いていたので死んではいなかったのですが、もう虫の息で川の流れのままに流されていました。
お役目ご苦労様でしたweep

今週末は秋の大ニジ様を目指して十勝、道東と放浪したのですが、結果は残念なものとなりました。
特に、「プーさんの本流」に関しては、もう一雨、いや二雨ほど欲しいところですね。なんとか、今シーズン中に平水に戻って欲しいものです。戻ればもう一度、突撃して・・・。
それにしても、毎週毎週、釣りに行っていますが、相変わらずの貧果続きなのは情けないですね。これだけキチガイの様に毎週土日みっちり釣りに行っているのに、釣りが上達しないのも情けない・・・crying

来週の3連休は大事な用事のため、実家に帰るので釣りはお休みです。まぁ、ちょっと釣りは休んだ方が良いような気もしていたので丁度良いですね。

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X9ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:スティミュレーター#8 ソフトハックルウェット#10

|

« 遠征の帰りにホームの渓で(2010道南遠征PART5-5:100921釣行記) | トップページ | 災い転じてスイッチON!!(101016釣行記) »

コメント

こんばんんは。
今回も精力的にレインボーの渓を周りましたね。
あまり良くないといいながら40近いのもGETしているし羨ましいかぎりですよ。
なんせ私は30後半どまりで40の顔みてないですからね
つД`)
これから晩秋にかけてからが本番ではないでしょうか?
荒食い時期にタイミングがあえばデカイのヒットしますよ~ヽ(´▽`)/

投稿: yamame | 2010年10月 5日 (火) 22時13分

>YAMAMEさん
秋はニジマスの季節と言うことであちらこちらまわったのですが、十勝の渇水具合には参りました・・・。もう一雨降って水量が回復してくれたら晩秋のこれからは楽しめますよね。というか楽しみたいです^^;;;
カメムシなんかを荒食いしているニジマスに会えたら良いのですが^^

投稿: アカガレイ | 2010年10月 6日 (水) 21時40分

こんばんは。
やっぱり秋はニジマスですか、私もニジマス狙いであのアカガレイさんとよく歩いた所でも行ってみようかな~。
でもアソコは魚がいても釣れなかったですよね。

投稿: BOB | 2010年10月 7日 (木) 18時58分

>BOBさん
こちらだと秋はニジマスって感じですね。アメマスはご機嫌がすこぶる悪いようですし・・・。この辺りにも茶が居れば、秋は茶の季節って感じなのですが。。。
以前、BOBさんと長距離歩いたあの道南の川のニジマスはいつか私も再チャレンジしたいですね。あの時は非常に気温が低く、もう少し時期が遅かったような気がします。今時期なら良いような気がするのですが。もう少し近かったら行きたいくらいです^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年10月 8日 (金) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/37077351

この記事へのトラックバック一覧です: 秋は大ニジ様の季節なのに・・・(泣)(101002、100203釣行記):

« 遠征の帰りにホームの渓で(2010道南遠征PART5-5:100921釣行記) | トップページ | 災い転じてスイッチON!!(101016釣行記) »