« ‘プチ’グランドキャニオンin道南(2010道南遠征PART5-4:100920釣行記) | トップページ | 秋は大ニジ様の季節なのに・・・(泣)(101002、100203釣行記) »

2010年9月30日 (木)

遠征の帰りにホームの渓で(2010道南遠征PART5-5:100921釣行記)

さて、怒涛の道南遠征の帰り道、地元のホームの渓に少し立ち寄ってみました。
しばらくご無沙汰していたことからホームの魚たちも寂しそうにしているかな?と思いまして・・・coldsweats01


道東ホームの渓①
9月21日(火)9:00-14:00
天候:曇りのち晴れ 気温:16-21℃ 水温:15℃ 状況:平水濁り無し ハッチ:小型カディス・メイフライ少し
ライズ:無し
釣果:ニジマス様(40・35cm)各1尾 ニジマス君(20-32cm)5尾 アメマスちゃん(15cm前後)2尾
ヤマメちゃん(7cmほど)1尾

1009210001
さて、道南遠征では川幅の狭い山岳渓流ばかり釣り歩いていたので、道東では規模の小さいこのホームの渓でさえ代本流のように見えてしまい、始めはどこにフライを流したらよいのか戸惑いました。至る所ががポイントに見えて。
しばらくフライを流していると次第に勘が戻ってきて、スリットやら瀬尻やらを攻めていると・・・

1009210002
可愛いアメマスちゃんにヤマメちゃんが「お帰り」と・・・coldsweats01
とりあえず、「ただいま」と言うわけなんですが、もう少し大きなお魚さんにも会いたいのですが・・・gawk

1009210003
入渓してしばらくは岩盤底のポイントが続いたのですが、しばらく釣り上がっていくと川底に小石などが見られ、良い瀬のポイントが見えるようになってきました。というわけで丹念に瀬にウェットを流して探ってみると・・・

1009210004
ちょっと顔は幼いですが35cmのぎりぎりニジマス様が。
「やぁ、ただいま。これからはニジマス様にお世話になる事が多いと思いますので今後ともよろしくお願いしますconfident
とりあえず、ニジマス様に出会えたので、遠征疲れもあることから帰っても良かったのですが、もう少し釣り上がってみました。

1009210005 1009210006
ホームの渓でこの辺りに入渓したのは初めてだったのですが、意外と渓相が美しく、道東の渓にも侮れないところがあるんだなと思いました。ただ、中~下流域では道南の渓に比べて大きな石が見られ無いのが少し物足りない感じもしますが。。。

1009210007
この辺りでは瀬からチビニジ君がポツポツと・・・。う~ん、可愛らしいですねconfident

1009210008
そして、大物感が漂う大きな淵に到着しました。始めドライを流していたのですが、全く反応がなかったのでガン玉をしっかり付けてベタ底にフライを流してやることにしました。すると、これが正解だったようでした。

1009210009
道東に帰ってきたなと思える40cmのニジマス様に出会えましたlovely
体高もあって鰭もピンピンでそして品のあるほどよいレッドバンド。満足の1尾でした。

このニジ様に出会えたので十分満足して、脱渓しました。
というわけで長かった遠征も終了しました。何だかんだで、それなりに釣果もあったし、懐かしい人にも出会えたし、懐かしく、そして美しい道南の渓相も満喫できたので良い遠征となりましたconfident


ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X12ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:エルクヘアカディス#10 ソフトハックルウェット#10

|

« ‘プチ’グランドキャニオンin道南(2010道南遠征PART5-4:100920釣行記) | トップページ | 秋は大ニジ様の季節なのに・・・(泣)(101002、100203釣行記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/36977955

この記事へのトラックバック一覧です: 遠征の帰りにホームの渓で(2010道南遠征PART5-5:100921釣行記):

« ‘プチ’グランドキャニオンin道南(2010道南遠征PART5-4:100920釣行記) | トップページ | 秋は大ニジ様の季節なのに・・・(泣)(101002、100203釣行記) »