« お師匠様のお庭へお邪魔して(2010道南・十勝遠征PART4-2:100912釣行記) | トップページ | この渓相がやっぱりNo.1(道南遠征PART5-1:100917釣行記) »

2010年9月23日 (木)

ロケットレインボーに会いたくて・・・(2010道南・十勝遠征PART4-3:100913釣行記)

9月1回目の道南遠征は、数日後にすぐに道南に戻る予定だったことから、とりあえず2日間で切り上げ、3日目は十勝で釣りをすることにしました。というのも、1度行ってみたい十勝の釣り場があったのですが、普通に根室から走るとかなり遠く(道南に行ってるお前が何を言うって声も聞こえそうですが・・・)、道南からの帰りに立ち寄るのならちょっとした寄り道で済むので。
その行きたかった釣り場というのが『十勝ロケットの本流』。この川に住むニジマス様は尺ちょっとのサイズでも引きが強く、ロケットレインボーと呼ばれる凄いニジマス様も居るとのこと。そんなロケットレインボーに1度出会ってみたいと常々思っていました。


十勝ロケットの本流
9月13日(月)9:00-11:00
天候:晴れ 気温:15-18℃ 水温:11℃ 状況:やや渇水濁り無し ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20-28cm)4尾、オショロコマ様(20-26cm)5尾


1009130001

今回入渓した場所はかなり上流域に位置するのですが、川の規模はかなり大きく、道南の一般的な本流よりも水量が多い感じでした。その水は透明度が高く、美しかったのですが、水温はこの時期にしては11℃と低くかったので、釣れるかどうかチョット不安でした。しかし、とりあえず・・・

1009130002

泣き泣き尺のニジマス君が「おはよう」とフライに飛びついてきました。このサイズにしては元気が良かったので、これはロケットレインボーと呼ばれるニジマス様がこの渓には居ると確信しました。
また、この渓にはニジマス様だけでなく・・・

1009130003

立派なオショロコマ様も住んでおられました。サイズも知床のオチョロ君のように小型ではなく、25-26cmとサイズも揃っており、楽しませてくれました。

1009130004_2 1009130005_2
1009130006

ただ、入渓点すぐはそれなりに反応があったのですが、しばらく釣り上がって行くも可愛いらしいチビニジ君しか出てきません。。。う~ん、渓相は気持ちが良いのですが、ロケットレインボーはどこ・・・despair

この流域は昔は良かったそうで、今はもう駄目で過去の釣り場だという意見もあります。しかし、チビが居ると言うことはそのパパママも居るということ。そして、これだけの規模の川ですから絶対居ると思うんですけどね・・・。今後も探ってみたいような、遠いから諦めたいような・・・。微妙な川です。

さて、ロケットの本流を諦め、知人に教えてもらった別渓へ移動したのですが、残念ながら濁りが酷く釣りになりませんでした。というわけで、尺ちょっとのニジ君で良いから確実に釣るため、いつもの本流へ行くこととしました。


十勝花時計の本流
9月13日(月)14:30-17:00
天候:晴れ 気温:21-23℃ 水温:16℃ 状況:水量やや少ない濁り無し ハッチ:メイフライ、カディス小型中心に多い
ライズ:多発 釣果:ニジマス様(38cm)1尾、ニジマス君(20-32cm)20-30尾 ※ニジマス君はバラシも多数

1009130007

いつもの本流は、週末になると釣り人が多く、川通しに長い距離を歩けないのですが、この日は平日と言うこともあり釣り人が少なかったので、いつもの入渓点の少し下から歩いてみました。
すると入渓したところから・・・


1009130008

尺前後のニジマス君がポンポンと出てきます。久々にドライへの反応が抜群のニジマスたちに出会った気がしました。ライズも頻繁に見られましたし。

10091300091009130010

さて、反応の良いニジ君と遊びながら釣り上がっていくと、上のような木が被さった流れの緩いポイントを見つけました。こういうところではあまり良い魚を釣った記憶はなく、オチビちゃんかウ様が出てくるのが定石だったのですが・・・

1009130011

出てきたのは38cmのまずまずのニジマス様でした。残念なことにこの川のニジマス様は模様があまり綺麗でない(私好みでない)のが・・・。でも、元気に走り回ってくれたので良しとしますcoldsweats01

1009130012 1009130013

そして、今回入った流域の終盤には、いかにも大物が居ついていそうな大きな淵があります。特に下の淵なんて昨年の晩秋や今年の春に、大きなニジマス様が底に張り付いているのも目撃しています(最近は見かけないですが・・・)。ちょうど時間も夕マズメだったので大きな淵でイブニングをやったのですが、大したスーパーハッチも見られず、大物はライズも含めて見られませんでした(大物のライズは私が見落としているだけかも・・・)。

それでも・・・


1009130014
この日のアベレージサイズだった尺前後のニジ君が多く遊んでくれたので十分でしたlovely

『ロケットの本流』で『花時計の本流』のような釣りができれば言うこと無しだったのですが、それは贅沢ですねcoldsweats01

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:DT4F(SUPRA FLOATING YAMAME LINE) リーダー3X9ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:エルクヘアカディス#8、10 チェルノブイリアント#10

|

« お師匠様のお庭へお邪魔して(2010道南・十勝遠征PART4-2:100912釣行記) | トップページ | この渓相がやっぱりNo.1(道南遠征PART5-1:100917釣行記) »

コメント

アカガレイさん こんばんは。
一番下の淵の写真、そそりますねぇ!
重たいスプーンで川底をゴロゴロと引っ張ってきて、
ふぃ〜っしゅ♪何てね。そんなに巧くいく事は無いのですが。(w)

投稿: かげまる | 2010年9月23日 (木) 19時02分

>かげまるさん
あの淵はとても深く、フライではなかなか攻めきれないんですよね・・・。大物の姿も度々見ていますので、スプーンで底を探ってやればガツンは有り得ると思います。
案外、巧くいくかもしれませんよ^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年9月23日 (木) 19時26分

Rocket Rainbow……。
イイですね。
今シーズンは忙しくて まったく行けてないですが、10月に入ったら相棒と十勝のRocket Rainbowをヤッツケに行くぞ!
と コルセットを叩きつける今日コノゴロです。

投稿: ヨッスィー | 2010年9月23日 (木) 20時09分

>ヨッスィさん
ロケットレインボーって言う名前もなんだか良い感じですよね^^
私はロケットレインボーに会えませんでしたが、ぜひ、やっつけて下さい。私のほうはロケットは諦め、十勝の普通のニジマス様を求めてもう少し頑張るつもりです^^

投稿: アカガレイ | 2010年9月23日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/36888685

この記事へのトラックバック一覧です: ロケットレインボーに会いたくて・・・(2010道南・十勝遠征PART4-3:100913釣行記):

« お師匠様のお庭へお邪魔して(2010道南・十勝遠征PART4-2:100912釣行記) | トップページ | この渓相がやっぱりNo.1(道南遠征PART5-1:100917釣行記) »