« 大惨敗の遠征行程・・・(2010道南・十勝遠征PART4-0) | トップページ | 大雨の被害を免れた渓(2010道南・十勝遠征PART4-1:100911釣行記) »

2010年9月21日 (火)

今回の遠征はほんと楽しかった^^v(2010道南遠征PART5-0)

2週続けて決行した道南遠征から本日戻ってきました。
10-14日の道南遠征は釣果も厳しく、最終日には怪我までするという悲惨なものでしたが、今回の遠征はそれほど大きなイワナ君には出会えませんでしたが、トラブルもなく、お気に入りの渓も満喫でき、釣り仲間やお師匠様との再会もあり、とても楽しいものでした。

それでは、今回の行程は・・・


9月16日(木)
根室(就業後17:30即出発)→釧路・(道東道・道央道)・長万部経由→道南巨石の渓(翌3:30)着
そのまま車中泊(仮眠)


9月17日(金)
道南巨石の渓→道南T川(下見)→函館泊


道南巨石の渓
9月17日(金)7:30-13:30
天候:晴れ 気温:18-26℃ 水温:14℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:小型カディス少し ライズ:ほとんど無し
釣果:ヤマメさん(15-27cm)20-30尾 イワナ君(10-24cm)10-20尾


1009160001
私が道南で一番好きな川がこの巨石の渓。それほど大きな魚がいると言うわけではないのですが、雄大な巨石群が行く手をさえぎり、それをよじ登りながら一気に高度を上げていくので、遡行しててなかなか楽しいものがあります。この巨石群の下が主にヤマメさん領域で、上がイワナ君のパラダイスなのですが、この日は上も下もヤマメさんが多くイワナ達はあまり居ませんでした。大水の影響のせいですかね?
でも、まずまずのヤマメさんが数多く出てくれたので楽しかったです。欲を言うともう1ヶ月早く出会えればサビも無く、ヤマメたちはもっと美しかったのでしょうが・・・。

そして時間があったので、次の日にいく予定にしていたT川の慣れ親しんだ流域を少し覗いてみました。


道南T川
9月17日(金)15:00-16:30
天候:晴れ 気温:22-23℃ 水温:未計測 状況:やや渇水濁り無し ハッチ:小型カディス少し ライズ:無し
釣果:茶(20cm前後)2尾


1009160002
しかし、午前中に人が入っていたのか、釣り人の真新しい足跡があり、釣果もパッとしませんでした。

9月18日(土)
函館→道南T川→道南S川→森町泊(BOBさんの温泉宿で夜はshinyaさんとHiroshiさん(お初です)と宴会)


道南T川&茶君の住む小さな沢
9月18日(土)5:30-10:00
天候:晴れ 気温:16-22℃ 水温:14℃(T川) 15℃(沢) 状況:やや渇水濁り無し ハッチ:不明 ライズ:無し
釣果:ニジマス君(20cm前後)3尾 茶(20-27cm)5尾


1009160003
T川では私が一番お気に入り(というのは初めてフライで40オーバーの茶様を釣った思い出があるからで・・・)の流域に入ったのですが、前日の下見同様パッとしませんでした・・・。
渇水気味で厳しい感じもしたので早々に見切り、茶君の住む小さな沢へ移動したのですがこちらはT川以上に大渇水・・・。というわけで茶を諦め、イワナ君の穴場の渓へ移動しました。


道南S川
9月18日(土)12:00-15:30
天候:晴れ 気温:21-22℃ 水温:13℃ 状況:水量やや多い濁り無し ハッチ:無し ライズ:無し
釣果:イワナ君(20-31cm)20尾以上


1009160004
この時期は渇水気味になるS川ですが、この日は水量がやや大目でした。そして水温もやや低かったこともあり、イワナたちは瀬には入っておらず、大岩周りのちょっとした影からフライに飛びついていました。この渓は苔むした石が多く、道南特有の渓相で懐かしい感じがしましたconfident

9月19日(日)
森町→道南‘新’巨石の渓→函館

道南‘新’巨石の渓
9月19日(日)6:00-13:00
天候:小雨のち晴れ 気温:17-22℃ 水温:14℃ 状況:平水濁り無し ハッチ:小型カディス少し ライズ:無し
釣果:イワナ君(15-29cm)20-30尾


1009160005
この日はBOBさん、shinyaさん、Hiroshiさんのルアー釣り師3名の方と共に釣り上がりました。お三方のご厚意で先行させていただいたにも関わらず泣き尺止まりでしたが、雄大な巨石の渓相を楽しめたので良しとします。ただ、1ヶ所ヘツリを断念せざるおえなかったのは悔いが残ります。来年までにちょっと体のほうを身軽にしようと思いましたcoldsweats01

9月20日(月)
函館→道南イワナパラダイスPARTⅠ→函館・長万部・(道央道)・夕張経由→占冠道の駅(車中泊)


道南イワナパラダイスPARTⅠ
9月20日(月)6:30-16:00
天候:晴れ一時小雨 気温:17-23℃ 水温:13℃ 状況:水量やや多い若干濁り有り ハッチ:無し
ライズ:無し 釣果:イワナ君(15-32cm)30尾以上


1009160006
この日は2週連続でお師匠様と釣り上がりました。行き先は昨年も道南遠征最終日に選んだイワナパラダイスPARTⅠ。ちょっと歩く距離は長くなりますが、ここに来ればハズレは無いし、確実に尺が釣れるので、私のお気に入りの渓の一つです。この時期、本来ならば水量があまり無いのですが、この日は春先の雪代時期並に水量があり良い釣りができました。

さて、イワナパラダイスで釣りをしたあと、函館経由で帯広まで走ろうと思いましたが、道東道入り口手前の占冠の道の駅で力尽きて寝てしまいましたdespairsleepy
ほんと、数年前までなら走れたのですが、最近、簡単に疲れてしまいます。年のせいですかね・・・???


9月21日(火)
占冠→道東道経由→道東ホームの渓①→根室


道東ホームの渓①
9月21日(火)9:00-14:00
天候:曇りのち晴れ 気温:16-21℃ 水温:15℃ 状況:平水濁り無し ハッチ:小型カディス・メイフライ少し
ライズ:無し
釣果:ニジマス様(40・35cm)各1尾 ニジマス君(20-32cm)5尾 アメマスちゃん(15cm前後)2尾
ヤマメちゃん(7cmほど)1尾


1009160007
根室へ帰る途中、十勝の渓か道東平野河川にでも立ち寄ろうかと思いましたが、3連休後ということでどこも叩かれまくった後で、魚がスレていると思い、これらを泣く泣くパスしてホームの渓へ行きました。今日は平日と言うことで、9時に到着したにも関わらず先行者が居なかったことから、ホームの渓の一番の人気ポイントへ入ってみました。そして道南でみっちり4日間釣った疲れもあるので今日は少しだけ釣りをする予定でしたが、いざ渓に下り立つと、結局5時間歩いてしまいました。でも、その甲斐あって40cmのニジマス様に出会えたので良かったですlovely

1009160008
今回の道南遠征では、良い釣りができたし、懐かしい人にも出会えたし、美味しいものも食べたし、ホント楽しかったです。ほんと溜まりまくっていたストレスを0にすることができました。また、明日から現実に戻って、悪の巣に通うこととなり、日々ストレスが溜まっていくのでしょうが、しばらくは大丈夫かな?

1009160009
また、いつの日か道南へ行って、上の山を眺められる日を夢見て、悪の巣に耐えていきたいと思います。
今年中にもう1回くらい道南へ行きたいですが、流石に厳しいかなぁ???

|

« 大惨敗の遠征行程・・・(2010道南・十勝遠征PART4-0) | トップページ | 大雨の被害を免れた渓(2010道南・十勝遠征PART4-1:100911釣行記) »

コメント

アカガレイさん こんばんわ!
ご無沙汰してました
そして 長距離遠征無事にご帰還された様で何よりです。
天気にも恵まれ良かったですね~
そして釣果にも

悪の巣 ですか~?
自分も 似たようなトコ(職場環境)かな
ストレス・ゼロ状態が 長く持続しますよう
お祈りしておりますm(_ _)mが・・・
溜まっちゃたら すぐ道南へ(笑)

投稿: KEN | 2010年9月22日 (水) 21時19分

>KENさん
こん○○は。
ほんと道南までは700キロあるので運転は疲れましたが、可愛いイワナ達に出会えたので満足してます^^
どこの職場もやはり悪の巣なんですねぇ~。ほんとストレス0状態がいつまで続くか分かりませんが、ストレス100になったら有無を言わさず、また道南へ走ろうと思います^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年9月22日 (水) 22時42分

 こんばんわ。イワナパラダイスpartIの景色は、懐かしいです。ところで、遠征第2段のネタ・・・・。

投稿: かます草 | 2010年9月23日 (木) 01時07分

>かます草さん
確かにここは昨年の同じ時期に行きましたよね。今回はその時よりも水量が多く良い感じでした。
遠征第2弾は平和なものにしました^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年9月23日 (木) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/36862327

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の遠征はほんと楽しかった^^v(2010道南遠征PART5-0):

« 大惨敗の遠征行程・・・(2010道南・十勝遠征PART4-0) | トップページ | 大雨の被害を免れた渓(2010道南・十勝遠征PART4-1:100911釣行記) »