« ロケットレインボーに会いたくて・・・(2010道南・十勝遠征PART4-3:100913釣行記) | トップページ | 茶がダメならイワナ君で^^(2010道南遠征PART5-2:100918釣行記) »

2010年9月23日 (木)

この渓相がやっぱりNo.1(道南遠征PART5-1:100917釣行記)

9月の道南遠征2回目の開幕渓は、1回目の遠征から根室に戻っている最中には心に決めてました。
私が道南の数ある渓の中で最も渓相が好きな渓。
昨年は増水などで行くことが出来なかったので、道南を離れて以来では初めての入渓で、約2年ぶりになります。
ほんと楽しみで楽しみで・・・。ただ、こちら方面は今年大雨のせいで大増水しているので少し不安もありました。


道南巨石の渓
9月17日(金)7:30-13:30
天候:晴れ 気温:18-26℃ 水温:14℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:小型カディス少し ライズ:ほとんど無し
釣果:ヤマメさん(15-27cm)20-30尾 イワナ君(10-24cm)10-20尾

1009170001
さて、2年ぶりにこの渓の河原に立ちました。この辺りは何の特徴も無い渓相ですが、私にとってはこの景色も懐かしく、これだけで少し感激してしまいました。そして、いつも魚が居たちょっとした落ち込みから・・・

1009170002
小さなイワナ君ですが、今回の遠征の開幕を告げる『おはよう、そしてお久しぶりイワナ君』が現われましたhappy01
これに気を良くして、そしてホッとして釣り上がって行きます。

1009170003
この辺りもまだまだ穏やかな渓相が続きます。ただ所々に、雰囲気の良い滝があったり・・・

1009170004
ヤマメちゃんが元気に出てきました。この穏やかな流れのポイントはヤマメさんが中心で楽しいのですが、ちょっと時期が遅かったせいか、若干、サビが・・・coldsweats01

1009170005
渓のほうは徐々にちょっとした淵や大きな石が見えてきます。ちなみに上の4枚。どのポイントもいつもハズレが無いんですよね。無邪気なイワナ君がフライを待っていて。
しかし、この日はちょっと様子が違いました。イワナ君がおらず、その代わりなのか・・・

1009170006
8~9寸の良いサイズのヤマメさんが出てきました。まぁ、これはこれで嬉しいことですlovely
イワナ君はいつもなら一線を越えればガンガン出てきますから。

さて、とうとう2年間思い続けた巨石群に到着です。

1009170007
さぁ、この巨石を乗り越えていきましょうhappy02

1009170008
大雨の影響か、一部の巨石と横たわっていた大木が流れ去っており上っていくコースが若干変わっています。
それでも楽しさは変わりませんhappy02

1009170009
巨石群中間点に到着です。いつもならこの辺りではイワナ君が出てくるのですが、この日は・・・。
まぁ、気にせず上がって行きます。

1009170010
巨石越えもほぼ終盤になってやっとちょっと小さめのイワナ君が1尾出てきましたconfident

1009170011
そして、巨石群を越えまた平坦な渓相になります。ただ、巨石下のヤマメ領域よりは川石も大きくなります。本格的なイワナ領域に突入です。
さぁ、イワナ君、ドンドン出ていらっしゃいとフライを流すと・・・

1009170012
1009170013
どういうわけか、イワナ君は出てこず相変わらずヤマメさんばかり・・・。ただ、ここまで良型ばかり揃うのには驚きです。こんな経験はここでは無かったですから・・・coldsweats02

1009170014
それでもまだまだ上がっていきました。ちなみに上のポイントの岩が出っ張っている下(写真右)は良い淵だったのですが残念ながら埋まっていました。こういうのがイワナ君が居なくなっている原因なんですかねぇ???
それでも・・・

1009170015
脱渓点の手前では小さいながらもイワナ君が数多く姿を見せてくれ、ちょっと安心しました。ただ、相変わらずヤマメちゃんも混ざっていましたが。。。

とにもかくにも、大きなイワナ君に会えなかったのはチョット残念でしたが、相変わらずの雄大な渓相と異常に無邪気なヤマメさんを楽しめたので大満足でした。

やっぱり、この渓は最高です!!lovely

来年も絶対にこの渓には来ようと思いましたし、この渓がある限り、道南にはこれからも遠征し続けようと思います。

ロッド:Scott A2 803/4
リール:HARDY Flyweight
ライン:DT3F(U4 Yamame DTT_PINK) リーダー4X9ft ティペット5X(4X)50cm
ヒットフライ:エルクヘアカディス#8-12 ビートル#12

|

« ロケットレインボーに会いたくて・・・(2010道南・十勝遠征PART4-3:100913釣行記) | トップページ | 茶がダメならイワナ君で^^(2010道南遠征PART5-2:100918釣行記) »

コメント

アカガレイさん おはようございます。
道南No.1 私も同感です
今回の巨石の渓 良型イワナさんの姿は少なかった様ですね。
自分も6月ヤマメ解禁後に入った際に 
尺上イワナに会えず脱渓ポイントに到達でした
まあ 腕が悪いのはありますが・・・(笑)

6月に入った時も昨年好ポイントだったトコが土砂で埋まってましたが 
写真を見ると先月続いた大雨の影響でさらに埋まってしまった様ですね。

そういえば 滑落時のキズは癒えましたでしょうか?
単独釣行時は無理せず くれぐれも安全第一で


投稿: KEN@職場 | 2010年9月25日 (土) 09時31分

>KENさん
ほんとこの川の渓相は最高ですよね。ほんと釣れなくても遡行が楽しい川です(釣れた方が嬉しいですが)。
6月の時点でイワナ君があまり居なかったと言うことは、その後も大雨が続いているので、かなりダメージを受けてしまっているかもしれないですね。まぁ、今回、小さなイワナはそれなりに居たので、数年後の復活に期待したいですね^^
滑落の傷の方は完全回復してます。ほんと注意しなきゃいけないですね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年9月27日 (月) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/36891807

この記事へのトラックバック一覧です: この渓相がやっぱりNo.1(道南遠征PART5-1:100917釣行記):

« ロケットレインボーに会いたくて・・・(2010道南・十勝遠征PART4-3:100913釣行記) | トップページ | 茶がダメならイワナ君で^^(2010道南遠征PART5-2:100918釣行記) »