« 大雨降ったら君しかない!!(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-2:100731釣行記) | トップページ | 早朝から蒸し暑い渓で五目釣り(100807釣行記) »

2010年8月 6日 (金)

楽園はこの日地獄だった・・・(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-3:100801釣行記)

さて、前日に道南から札幌へ移動した私は、この日、某奇行師さんと某草さんと久々に同行することとなり、道央のイワナの楽園に連れて行ってもらいました。この楽園というのが林道を20キロ走ったのちに、1キロほど沢を歩いて渓へ入り、入ったら5キロ釣り上がらないと脱渓出来ないという、結構ハードな渓でした。でも、道央圏ですから、これくらいは仕方ないのかもしれませんね。
ただ、このように普通でも非常にハードな渓であるのに、この日は前週までの雨による増水に加え、当日も朝から雨が降り続け、増水していて遡行が大変な状況になっていました。


道央イワナの楽園?(仮)
8月1日(日)6:00-13:00
天候:雨(時々強雨) 気温:25→20℃ 水温:12℃ 状況:増水 ハッチ:なし ライズ:なし
釣果:イワナ君(15-29cm)不明(魚影は濃かった) ※イワナ君はほとんどがアメマス系


1008010001
苦労して沢を下りて到着した渓は、ここが山奥か?といった感じの比較的川幅の広い渓でした。ちなみにこの時点では、若干増水していたものの、釣りは出来そうな感じでした。パラついている雨さえやめば・・・。

1008010002
そして、入渓してすぐの所から上のような大きなプールやら淵が現れ、期待がもたれます。しかし、この日は雨降りなのと水温が若干低めで増水のせいか、こういったポイントではチビイワナ君以外の反応がみられません。おそらく、イワナ様は底で小石を腹の中に蓄えジッとしているんでしょう。

でも、ちょっとした弛みや流れ込み、瀬尻からは・・・


1008010003
25cm前後のイワナ君が元気にフライに飛びついてきます。この川のイワナ君は大半が写真のようなアメマス系のようです(なかにはお腹の黄色いイワナ君も居ましたが)。

こんな可愛いイワナ達と遊びながら釣り上がっていったのですが、急に雨が強くなり、次第に川の状況が怪しくなってきました。


1008010004 1008010005

それでも、まだまだ釣りをするのは大丈夫です。
この渓は、楽園と呼ばれているだけあって、40UPのイワナ君もいるらしいのですが、とりあえず尺超えを目指してフライを流し続けました。するとまずまずの奴が来たと思ったのですが・・・


1008010006
惜しいことに泣き尺君・・・。ちょっとアメマスっぽいイワナ君ですが尾鰭の立派さから将来有望な魚だと思いました。

とりあえず、泣き尺が出たことで尺君に出会うのは時間の問題だと思っていたのですが・・・


1008010007
ふと冷静に川を見るとエライ増水しており、川底がほとんど見えなくなっていましたbearing
こうなると危険です。そして釣りどころじゃありません。
相談の結果、ロッドをたたみ、脱渓点まで急いで上がって行くことにしました。
途中には・・・


1008010008
平水事にはヘツらなくてもよい場所でもヘツらなきゃならなくなってたり、ホントもうちょっと判断が遅れていたら・・・と思うとちょっとゾッとします。何はともあれ、無事脱渓できて良かったです(私自身は痛めている左足が踏ん張りが利かなくて、増水している川の遡行はホント大変でした。早く、足の方を治さなきゃならないですね。)。

今回の遠征では、この案内してもらった渓は楽園というよりは地獄でした。でも、歩いた感じ、条件が良いときなら、かなり良さそうとも思えたので、近々、タイミングが合えばリベンジに連れて行ってもらいたいなと思いました。

某奇行師さん、某草さん
この日はご一緒ありがとうございました。天候、条件などは最悪でしたが久々に話など出来て良かったです。
まぁ、こういうのも釣りですから仕方ないですよね。
また、どこかで機会がありましたらご一緒してくださいhappy01

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:WF5F(???) リーダー3X9ft ティペット4X50cm
ヒットフライ:チェルノブイリアント#10


=遠征最終日の地元でのプチ釣行=
さて、道央の渓に行った次の日(8月2日)、帰り道にある地元のバイカモの本流へチョコットだけ立ち寄りました。
(※データなどは省略)


1008020001 1008020002

こちらの方は雨があまり降らなかったようで渇水気味でした。この渓もそれなりに流れの有るところでは遡行が大変だと思っていたのですが、前日の大増水の渓の後だったので、非常に歩きやすい渓だと感じちゃいました。
さて、この日は足が痛かったのでワンポイントしかしなかったのですが・・・

10080200031008020004

地元の可愛いニジマス君とヤマメちゃんが私の帰還を迎えてくれました。まぁ、小さいですが、渓のほうは雨もなく増水も無く気持ち良い感じだったので、それを感じ取れただけでも十分でした。
ほんとは、足さえ痛くなければもう少し釣りたかったのですが・・・。

|

« 大雨降ったら君しかない!!(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-2:100731釣行記) | トップページ | 早朝から蒸し暑い渓で五目釣り(100807釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。
この日の増水は、私がここを遡行した中では一番の増水でしたよ(笑)
結構危なかったっすね。
まあこれも良い思い出?ですかねw

次回は本当に楽しい釣りの思い出を是非!!

それはそうと、焼肉また行きましょう!!!

投稿: chuel | 2010年8月 6日 (金) 07時27分

今晩は~
道南遠征御苦労様でした!
久々に癒されました?
記事を読んでいてアカガレイさんのフライ歴の成長ぶりが
見てとれますね~
私事ですが
明日7日からそちらへ向け出発します。
期間は道内8日夕方から21日土曜日まで
そのうち釣りに充てる日程は
13日金曜日から~21日土曜日迄です
携帯壊れたので(;´д`)トホホ…
そちらの連絡先解かりませ~ん。
暇でしたら
こちらに連絡か、当ブログのゲスブに連絡下さい

投稿: シャクイワナ | 2010年8月 6日 (金) 20時34分

アカガレイさん、こんばんは。
相変わらずアグレッシブな釣りをしていますね!
気をつけてね♪

投稿: かげまる | 2010年8月 6日 (金) 23時18分

>chuelさん
私もあれくらいの増水は経験がなかったです。
最初の感じでは釣りできそうだったんですがねぇ。。。
最後の方の強雨は予想がつかなかったです(>_<)
でも、本当に良い思い出になりましたよ。最近、波乱がなかったのでちょっとした刺激を得られました^^;;;
ぜひ、次回も焼肉に行きましょう。その時は私もシーザーサラダ付きで^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年8月 8日 (日) 19時34分

>シャクイワナさん
私、フライのほう成長していますかねぇ。自分では全く実感が無いですし、ここ最近、退化していっているような気がします^^;;;
こちらに来られるんですか?残念ながらその期間は確定ではないのですがちょっと先約が入ってます。21日の方はどうなるか分からないのですが、帰られる日なのでしたらちょっと厳しいんですかね???

投稿: アカガレイ | 2010年8月 8日 (日) 19時40分

>かげまるさん
アグレッシブな釣りというかサバイバルのような気が。
ちょっと足の方も不調ですし、しばらくおとなしい釣りをしようかと思ってます。でも、いざ川に行けば血が騒いじゃって、おとなしくというわけにはいかなくなるんですよね~。。。

投稿: アカガレイ | 2010年8月 8日 (日) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/36047019

この記事へのトラックバック一覧です: 楽園はこの日地獄だった・・・(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-3:100801釣行記):

« 大雨降ったら君しかない!!(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-2:100731釣行記) | トップページ | 早朝から蒸し暑い渓で五目釣り(100807釣行記) »