« 浮かべて沈めてこんにちは、ニジマス君!!(100821釣行記) | トップページ | 久々に大惨敗の週末で・・・(号泣)(100904、100905釣行記) »

2010年8月30日 (月)

通い続けたプーさんの本流でやっと・・・(100828、100829釣行記)

パンダのせいで先週行く気が失せた十勝プーさんの本流へ突撃しました。
十勝の渓に関して私は、先週行ったふるさとの本流をはじめ、花時計の本流、ソフトクリームの本流、ドングリの本流、ピョウタンの本流、マダラの本流などいろいろ釣り歩いていますが、やはりプーさんの本流の渓相がダントツでお気に入りです。そしてこの川の大きなニジマス様は、多くの写真を見る感じでは美しい魚が多いのですが、これらを自分で釣って見たいと思って、学生時代から1年に1回は通っていました。ただ、ここは釣り人が多くて魚がスレているだけでなく、流れが速すぎて釣り難い事から、釣り下手の私にはなかなか厳しく、ここで尺以上のニジマス様に会ったことがありません。そして今年はこれまでに4回この渓に突撃していたのですが、すべて増水で釣り出来ていませんでした。。。
今回は水量がやや多いものの、釣りには問題なかったことから決行し、いつもの大場所の多いポイントではなく、過去に一度だけ入ったことがあり、その時に大きなニジマス様の姿を目撃した流域に入ってみました。


十勝プーさんの本流
8月28日(土)5:00-16:30
天候:晴れ 気温:16-26℃ 水温:13℃ 水量:やや多い濁り無し ハッチ:なし ライズ:ほとんど無し
釣果:ニジマス様(44、37cm)各1尾 ニジマス君(15-35cm)40尾ほど オショロコマ様(20-25cm)4尾


8月29日(日)4:45-13:00
天候:晴れ 気温:17-26℃ 水温:13℃ 水量:平水濁り無し ハッチ:ヒゲナガ少し、小型メイフライ少し
ライズ:ぽつぽつ(巨大ニジマス様がモンシロチョウをバクリ)
釣果:ニジマス君(20-31cm)15尾ほど オショロコマ様(20-25cm)2尾


土曜日の釣行風景

10082800011008280002
8月も終わりということもあり、朝5時では陽は出ていますが若干、空気は冷たく感じられます。
そんな中、入渓点の大場所にドライを流してやると、チビニジ君がフライに反応しています。そしてチビニジ君以外に泣き尺のニジマス君も・・・。私はこの川では泣き尺さえ滅多に釣れないので大喜びしてました。 しかし、この日のプーさんの本流はいつもと様相が違いました。


1008280003
大場所付近は岩盤剥き出しの険しい渓相だったので上はどんな感じかなとおもいましたが、中流域特有の所々に岩が転がる瀬と落ち込みの続く渓相でした。そして、これまでの経験上、こういうポイントではオチビちゃんの顔しか見れないものだったのですが、この日は・・・

1008280004
この川で初めての尺超えのニジマス君 が少し水深のある深瀬からドライに元気よく出てきました。それにしてもこのニジマス君。33cmしかないのですが、体高が凄いあって、体型が菱形をしていました。 さすがプーさんの本流の魚は違うなと感じました。これくらいのサイズでも固めの#4ロッドをグングン曲げてくれましたから。

さらに釣り上がっていくと・・・


1008280005
岩盤剥き出しのポイントが再び目立ってきました。

1008280006
そして、こういうポイントにある流れの弛みからは、知床のものよりは大きく、体色が銀色がかったオショロコマ様が・・・

1008280007
流れの緩やかなトロ瀬からは、37cmのニジマス様や尺前後のニジマス君が飽きない程度に出てきました。
ただこの流域では、素晴らしいニジマス様に出会うことが出来ました。

1008280008
そのニジマス様が出てこられたのが上の流れ込みの岩の際。チェルノブイリアントが着水すると同時に水しぶきを上げてフライを咥えました。

1008280009
掛かったニジマス様を見てビックリ。この川はおろか、ここ最近掛けたことの無いサイズのニジマス様が抵抗しています。そして何とかネットに収めて魚を見て、もう感激しました。サイズはここ2ヶ月ご無沙汰していた40UPの44cmだったのですが、サイズよりもその魚体の美しさが見事で。鰭はピンピン、体色は銀色で、体はおろか尾鰭にまでみっちり入った細かいゴマ模様。そして品の良いレッドバンドとリンゴほっぺ。これは私が釣ったなかでは最も美しいニジマス様かと思います。さすがプーさんの本流ですlovely
こういう魚に会いたくて10年弱、この川に遠征し続けていたのですが、本当にその甲斐がありました。

実は、その後も何度か40あると思う魚がフライに出たり、掛けたりしていたのですが尽くランディング失敗。私がもっと釣りが上手かったら、上のような魚をもっと見れたのに・・・。まだまだ精進が必要ですね。

とりあえず、この日、狙っていた流域を釣り終え、時間があったので少し下流の瀬のポイントをやってみました。

1008280010
1008280011
やや増水気味だったので瀬の流れが強く、フライを上手く流せず苦労しました。ドラグが掛かって猛スピードで流れていくフライをニジマス君たちが必死で追っているのが見えました(中にはこんなサイズの奴が瀬の中に入っているんだというような大ニジ様も・・・)。反応しているニジマス君の10分の1も掛けられていなかったような気がします。少ないながらもランディングできたニジマス様は皆メタボで良い感じでした。あの流れの中にいるような魚ですからガリガリでは厳しいですものねcoldsweats01

さて、土曜日の魚の反応が良かったので日曜日も引き続きプーさんの本流で釣りをすることにしました。

日曜日の釣行風景

1008290001
日曜日もまずは土曜日と同じ流域に入りました。しかし、ポツポツ釣れるものの土曜ほど魚の反応はよくありませんでした。ただ、あるトロ瀬を眺めているとモンシロチョウが流れており、魚が反応しないかなと思っていると、いきなりカラフト以上サケ未満サイズのニジマス様がものすごいライズを2度やってモンシロチョウを捕食しました。これは、フライをキャストしなければと、丁度#6のカディスを結んでいたので慌ててキャストすると1投目はバックの木に引っ掛けてしまい失敗。回収後、即座にキャストすると見事魚がフライに反応し掛かりました。そして、少し魚を走らせて、ロッドを立てて耐えていると、いきなりブチッ。見るとティペット(4X)が切れてました。切れたヶ所からおそらく木に引っ掛けた時に傷ついたんでしょう。。。ほんと後悔先に立たずで、高い授業料になりました。
今後は大物のライズを見つけたら・・・
①落ち着く②ティペットとリーダーの傷を確認③フライの浮力を回復④ティペットとリーダー、フライの結び目確認
⑤バックを確認⑥落ち着いて慎重にキャスト
を実践しようと思いました。今回逃してしまったニジマス様は水面に興味津々だった(カディスの前に流していたチェルノブイリを頭で弾いてた)ので、慌てる必要なかったでしょうから・・・。

悔しい思いをした流域を脱渓したあとは・・・

1008290002 1008290003

大場所の様子を見に行きました。水量はちょうど良く、川底を観察していると2尾ほど大きなニジマス様がユラユラしていました。ただフライには全く反応しませんでしたが・・・。本当はこの流域をもっと釣り上がって他の大場所の様子も見たかったのですが、先行者というかなんというか・・・釣り人が入ってきたので泣く泣く諦めました。でも、悪くは無さそうなのが分かったので良しとします。ただこの流域は人が多く入るので魚がスレまくってて厳しいような気がしてきました。無理してこの流域でやらなくても良いかなと・・・。

大場所を観察した後は・・・


10082900041008290005
昨日の瀬のポイント(水量が5cm以上落ちてて釣り易くなっていた)で30cm前後のニジ君たちと少し遊んで今週の釣りを終えました。

日曜は土曜ほど魚のフライへの反応は良くありませんでした。というか土曜が異常だったような気が。土曜はファン感謝デーみたいなものだったんですかね?何だか良くわからないニジマス君たちの動きでした。
でも、釣れないけど渓相だけ楽しめたらと思っていたプーさんの本流で、良い釣りができてほんと大満足です(先週の70アメマス様よりも満足)。ここへは10月の荒食い時にもう一度来ようと思っていましたが、9月の道南遠征1回目を短縮して突撃することにしようと思います。案外、その時はニジマスたちのご機嫌はいつものように冷たいものになっているかもしれませんが・・・coldsweats01

さて、9月はしばらく遠征三昧になります。とりあえず第1週は道北遠征へhappy02
というか、プーさんの本流も家からポイントまで片道300キロなので十分遠征かもしれませんが・・・

=今日のおまけ=

1008290006
日曜日、林道を歩いていると土曜の夕方にはなかったプ様のウ○コが・・・。さすがプーさんの本流です。まぁ、この川では昨年プーさんとご対面しているのでウ○コくらいでビビリはしませんが、これからの時期注意が必要ですね。

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:WF5F(???) リーダー3X12ft ティペット4X100cm(または3X50cm)
ヒットフライ:エルクヘアカディス#6、10 チェルノブイリアント#12

|

« 浮かべて沈めてこんにちは、ニジマス君!!(100821釣行記) | トップページ | 久々に大惨敗の週末で・・・(号泣)(100904、100905釣行記) »

コメント

こんばんは。
先週の70UPのデカ雨に続きデカ虹GET!
まずはおめでとうございます(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
絶好調ですねw
尺上の虹の体高はまるで鯛みたいで驚きですが、44cmは細かいゴマ模様、レッドバンド、スタイルと3拍子
揃った完全体のレインボーですよ。
久々に綺麗な虹を観ましたわ。

これで道東のレインボーフライマンと名乗っても名に
恥じないから堂々とアナウンスしてくださいw

投稿: yamame | 2010年8月30日 (月) 22時02分

アカガレイさん、こんばんは。
道東のそちらでは良い釣りしてますね。
44cmのレインボーは素晴らしく奇麗です。
しかし渓流でグットレインボーを沢山よく釣りますねェ。
僕は9月の第2週末から第2週始めにかけて、実家訪問も兼て
道東方面を探ろうかと考えてます。
もちろん天候が崩れたら止めますがね。
奇麗なレインボー、僕にも間違ってでも釣れないかな~。

投稿: としー | 2010年8月30日 (月) 22時17分


済みません、入力間違えました。
9月の第2週末から第3週始めにかけてでした。
申し訳御座いませんです。

投稿: としー | 2010年8月30日 (月) 22時19分

アカガレイさん こんばんは。
虹鱒爆釣ですね♪それも良型!
大きな熊さんには気をつけてくださいね!

投稿: かげまる | 2010年8月31日 (火) 00時22分

良いの上げたねぇ!え~と…釣りを止めるんだっけ(笑)

投稿: えなり | 2010年8月31日 (火) 06時37分

>yamameさん
ここ2週は調子が良いというか、運があったようです。
今回のプーさんの本流の魚たちは、ちょうど水量が落ちていっている時だったようで珍しくスイッチが入ってました。
こんな釣りを狙ってできるようになれば堂々とレインボーフライマンと名乗っても良いのでしょうが、まだまだ運任せフライマンといったところです^^;;;
やはり尺上の鯛のようなニジマスは驚きますよね。私も見たときには種類が違うのかな?と錯覚しましたから。

投稿: アカガレイ | 2010年8月31日 (火) 20時43分

>としーさん
私の場合は、逆に渓流でしか良いニジマス様が釣れないです^^;;;広大な本気(?)サイズの本流や湖でも時々イタズラしますが、こういうところではまだまだ駄目です。。。
9月の第2週末から第3週始めにかけて、こちらに来られるのでしたら、何をターゲットにするか悩みますよね。ニジ様もアメマス君もはたまたサーフの方もどこも一発狙える状況ですから。
良い釣りできるといいですね^^

投稿: アカガレイ | 2010年8月31日 (火) 20時51分

>かげまるさん
道東も道南と同じでやはりプ様の気配のあるところへ行かないと、簡単に釣れないことに気付いてきたので最近ちょっと突撃することが増えてますが、これからの時期はほんと要注意ですね。道東方面はだいぶんトウモロコシの実が熟してきているようなので・・・。。。

投稿: アカガレイ | 2010年8月31日 (火) 20時59分

>えなりさん
それが、まだ40UPなので釣りは辞めれないんですよ~。50UPを釣ったら勇退ということで・・・^^;;;
それに、えなりさんに写真のようなニジマスの釣り方を伝授しなければなりませんし(・∀・)ニヤニヤ

投稿: アカガレイ | 2010年8月31日 (火) 21時03分

こんばんは。
最近は良いお魚を上げてますねぇ。
しかし
>ウ○コくらいでビビリはしませんが
アブナイ傾向ですよ!

投稿: BOB | 2010年9月 1日 (水) 23時52分

>BOBさん
道東に来て1年以上経ち、来た当初は道東は魚影が濃いからどこでも釣れると思っていたのですが、最近、それが間違いだということに気付きました。やはりこちらでも人の入らないところを探さないと良い釣りできないみたいで、最近はそういうポイントで釣りしているのでそこそこ釣れているのかもしれません。
確かにウ○コを見て何も思わなくなっているのはちょっといけないですよね。反省ですorz

投稿: アカガレイ | 2010年9月 2日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/36433372

この記事へのトラックバック一覧です: 通い続けたプーさんの本流でやっと・・・(100828、100829釣行記):

« 浮かべて沈めてこんにちは、ニジマス君!!(100821釣行記) | トップページ | 久々に大惨敗の週末で・・・(号泣)(100904、100905釣行記) »