« 楽園はこの日地獄だった・・・(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-3:100801釣行記) | トップページ | プ様と険しい渓谷に守られたオチョロたち(100814、100815釣行記) »

2010年8月 8日 (日)

早朝から蒸し暑い渓で五目釣り(100807釣行記)

先週はほんと道東地方も暑く、私が住む極東地域も経験の無い暑さで参りました。そんな週末、いつものように釣りに出かけたのですが、朝4時から釣り開始しましたが、釣り開始時点での気温が26℃。その後もグングン気温が上がり・・・

道東J川
8月7日(土)4:00-9:00
天候:晴れ 気温:26→32℃ 水温:19℃ 状況:平水濁りなし ライズ:多い ハッチ:ガガンボ、カディス少し
釣果:イワナ君(22cm)1尾、ヤマメさん(20cm)1尾、アメマス様(47cm)1尾、ニジマス様(39cm)1尾、ウ様(20cm前後)3尾


1008070001
このJ川はお気に入りで去年は何度か入渓し、良い思いをしたのですが、先日、良く入るポイントに行ってビックリ。河川改修があちらこちらで実施されポイントがほとんど消滅していました。その後も、知人が入渓したのですが、パッとしなかったとのこと。もうこの川はおしまいかな?とも思ったのですが、1ヶ所気になるポイントがあり、そこのポイントもパッとしなかったら見切りをつけることにしようと思いました。
それでやってきたのが上のポイント。ここはやや水深のある淵が長く続いているのですが、昨年はここへ2度来てどちらも良い思いをしています。今回、見た感じ、河川改修などはされておらず、昨年と違いは無さそうです。そして水面を見るとポツラポツラライズが。中にはまずまずのサイズの魚が跳ねているのも確認できます。
というわけで朝4時から釣り始め、ライズに向けてあれこれフライを投げますが、全くフライに魚が出てくれません。水温が高すぎるのが影響しているのでしょうか?魚が何かを選択して食べているのでしょうか?参りました。
そんなこんなで1時間ほどキャストを続けていると立て続けにやっと2尾ドライに出ました。


1008070002
イワナ君にヤマメさん。どちらも小さな魚ですが、とりあえず2目達成です。
その後、ドライを投げ続けても出ないので、この時期としては邪道かもしれませんが、沈めてみることにしました。まずは、緩い弛み付近にガン玉をしっかり付けてベタ底までフライを沈めてやると・・・


1008070003
ご立派なアメマス様。おはようございますlovely
50cmには足りなかったですが、いかにも海から上がってきましたという体をしており、綺麗な魚でした。


1008070004
お帰りになるところをもう一枚。たくましい尾鰭で水面を叩いて、この後、元気に流れに戻っていきました。
これに気を良くして、沈めて釣り続けることに。
今度はチョット流れのある瀬をガン玉なしでソフトハックルを流してやると・・・


1008070005
プックリ太ったニジマス様。おはようございますlovely
J川はそれ程規模は大きくないのですが、こんな本流にいるような体高のあるニジ様も居るんですよねぇ。これ以上、河川改修されず、良いポイントが多く残ってくれることを望みたいものです。まぁ、無理そうですが・・・weep
さて、このニジマス様で4目です。どの魚種もなぜか1尾ずつしか釣れずですが・・・。
ここであとは、この川に居る魚となるとオショロ様だなと思いながらフライを流し続けていると・・・


1008070006
あなたが居ましたね。ウ様・・・cryingでも、あなたのおかげで5目達成ですcoldsweats01
その後、どういうわけか魚が釣れず、移動することにしました。でも、ここのポイントはまだまだ顕在だということが分かりホッとしました。来年はもっと早い好シーズンに来たいものです。
さて、J川でもう1ヶ所気になっているポイントへ行きました。


1008070007
移動した頃には、もう陽は高くなっており、異常な暑さとなっていました。ただ、水温が高すぎるせいか魚の反応はパッとしません。釣れてもウ様ばかり・・・。本当はもう少し釣り上がりたかったのですが、私の体に若干の異常がきていました。それはちょっとした軽い頭痛が・・・。う~ん、気分が悪いなと思っていると、軽く吐いてしまいました。これはいわゆる熱中症というやつではないか?と思い、いったん車に戻り、ガンガンにクーラーを効かせ、お茶をガバガバ飲んで休憩しました。

休憩後、気分が良くなったので、J川のようなお陽様が直射する川は駄目だと思い、移動することにしました。


道東Y川
8月7日(土)11:00-13:30
天候:曇りのち雨 気温:30→29℃ 水温:16℃ 状況:平水濁りなし ハッチ:カディス少し ライズ:なし
釣果:イワナ君(23cm)1尾、ニジマス様(35cm×2、37cm×2、38cm×1)5尾、ニジマス君(20-34cm)不明


1008070008
このY川は先日、10キロ釣った渓ですが、この日は体調不良と左足不良につき、少しだけやることにしました。しかし、この川には今年何度も来ているので、いつもと同じところから入って釣りをするのは芸が無いなと考え、ポイント開拓を兼ねて、ちょっと違うところで釣りをすることにしました。
新しく入ったポイントも悪くはないようで、入って少し上がったところの流れ込みで・・・


1008070009
35cmのニジマス様が・・・。この川の魚らしくやや黒っぽい魚でした。
その後も・・


1008070010 1008070011

ニジマス様交じりで多くのニジ君の顔を見ながら釣り上がっていきます。ここのニジ君はとりあえずフライを選ばずにボコボコ出てくれるのでストレスの無い釣りができてホント良いです。
今回のY川での最大ニジ様は・・・

1008070012
38cmのニジマス様でした。それにしても、ここ最近ニジマスに関しては40cmの壁が厚く、少しスランプに入っているようです。 あと1-2cmの壁が厚い・・・weep

今回、入った流域はここぞというポイントでは魚影が濃く、一見悪くは無い感じにみえるのですが・・・


1008070013
とにかく上のような釣りにならない浅瀬が多く、ポイント間が離れてて無駄に歩く距離が多いのでチョット非効率的な流域でした。まぁ、いつものところに先行者が入っていればここで釣りをするのも悪くないのですが、どちらかというと、いつもの区間はほとんど人が入っていないので、今回の流域で釣りをすることは無いかなと思いました。
ただ、今回は、私にとってはこの流域に入ってとても良かったと思える出来事がありました。それは・・・

1008070014

Y川で初めてイワナ君に出会えたこと。それほど大きな魚ではありませんでしたが、お腹の黄色いイワナ君。
ここには居ないと思っていたので嬉しい限りです。以前、共に釣りに行った知人がここでオショロ様を釣っていたので、ひょっとしたら上流域はイワナ君とオショロ様の楽園なのかもしれません。あと少し残っているY川の下流域の開拓が終了したら、今度は上流域を探索してみようと思いました。何にしてもこのY川はいつ来てもハズレがなく楽しめるので良いですwink鬱蒼としている箇所が多く、熱中症の危険性も低そうですし・・・confident


今週は左足の痛みもまだひいていないので土曜だけ釣りに行きましたが、十分満足できる結果でした。
それにしても、今週の暑さは異常でした。川で気分が悪くなることなんてこれまでなかったですから・・・。私の体が気温の低い極東仕様になってきているのかもしれませんねcoldsweats01でも、この暑さも道東では今回がピークらしいですから、ホッと一安心ですconfident


=今週のおまけ=

1008070015
J川の石の上にはヘビトンボの屍骸が・・・。ヘビトンボが居るということは川が綺麗な証拠です(ヘビトンボは清流の指標生物の1種ですから)。ヘビトンボが居る綺麗なJ川を改修という名のもとに今後も役所は破壊していくんですかね?まぁ、私と同じ役人がやることは無駄なことや意味のワカランことが多いですなcatface

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:Abel TR2
ライン:WF5F(???) リーダー3X9ft ティペット3X100cm(または4X100cm)
ヒットフライ:エルクヘアカディス#6、10、12 チェルノブイリアント#10 ソフトハックルウェット(オレンジ他)#10

|

« 楽園はこの日地獄だった・・・(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-3:100801釣行記) | トップページ | プ様と険しい渓谷に守られたオチョロたち(100814、100815釣行記) »

コメント

J,Y、両河川の調査お疲れ様です。熱中症ですか… やばいねえ(汗  しかし、立派なアメマスやねえ! めちゃ羨ましいわ。 

しかも数年前なら「なんやイワナか」で終わってそうなYのイワナ、お前とつり始めて以来若干羨ましいと思う私がいる…

投稿: P. yokohamae | 2010年8月 9日 (月) 21時17分

アカガレイさんこんばんは。
先週末は道東も蒸し暑かったですよね。(日曜日に音別~茶路周辺をうろついてました)
熱中症には釣りの最中に私も一回かかりましたが、あれは地獄ですよ。心中よーくわかります。
それに足も痛いのは辛いですよね。険しい渓流は完治させてから行くのが賢明です。

河川改修工事は何処でもやっていて中には改悪されてるところも
ありもう北海道の苦しい財政上、公共事業は止む得ないにしても
少し考えてやってほしいものです。
そんな中での5目釣りはお見事!
渓流で虹の40upは中々厳しいですよね。
でもこれから晩秋にかけて大型レインボーの季節ですから
間違いなくGETできるでしょう。

投稿: yamame | 2010年8月 9日 (月) 21時29分

>Pseudopleuronectes yokohamaeさん
J川については、今回のポイントは今後もOKや。もう少し水温が低ければもっと良かったかも。ちょっと遅かった感じやね。ただ、父さんが言ってたように、めちゃくちゃ滑るな。それとこの川に関して、カシミールで調べてたんやけど、チョット気になるポイントが。今度メールします。Y川は昨年、私が野●した上流や。あの時は増水してたからあまりワカランかったけど、今回見た感じではマズマズやわ。保険ポイントって感じ。ここでのイワナは正直、嬉しかったわ。でも、父さんにもイワナの良さが分かってもらえたようで嬉しい限りや^^v

投稿: アカガレイ | 2010年8月10日 (火) 01時11分

>yamameさん
先週末の蒸し暑さは異常ですよね。こちら根室でも昼間は30℃を超えたみたいですから。。。熱中症なんて本州の話で他人事だと思ってましたが、注意が必要ですね。
河川改修や公共事業は、必要なところにきっちりやってくれるのなら良いのですが、ほんと役人なんて前例どおりやパッパラパー上司・担当者の言うがままって感じで・・・と愚痴り始めるとキリが無いのでこの辺で^^;;;
この蒸し暑さが収まり、アブの襲来がなくなった頃が秋のニジ様の季節到来ですよね。その頃が待ち遠しいです。でも、その頃ってアメマスも上がってくるので、ほんとどちらに重きを置いたらよいのか悩ましいところです^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年8月10日 (火) 01時17分

アカガレイさん、こんにちは!!!!!!!!!!!!

アカガレイさんもすっかりと北海道仕様の体となったようですね!!w
アカガレイさんは凄まじい体力の持ち主と存じておりますが、夏のハードワークの後はしっかりとした休養が必要です。
お互い微妙な年頃ですので、体には気を使いましょうね!!(笑)

釣りをしない日の、軍艦マーチの鳴り響く館も少し控えて下さい!!ww

投稿: chuel | 2010年8月10日 (火) 06時28分

アカガレイさん こんばんは。
ストレス発散するはずが、体調不良はいけませんねぇ。
充分にご自愛くださいね♪
それにしても、今回も沢山釣っているようですね!
特に、5目釣り達成のQちゃんはGoodです♪

投稿: かげまる | 2010年8月10日 (火) 21時20分

こんばんは。
暑さも今がピークのようですね、
こちらはアブがうるさくてどうにもなりません。
明日から雨そして台風が近づいて、
今週末の天気も気になります。
体は大事にして下さいね。

投稿: BOB | 2010年8月10日 (火) 23時55分

>chuelさん
私の体は北海道はおろか完全な道東仕様になってしまってます^^;;;20℃を超えたら暑くて耐えられないですから・・・。
もうすぐ30半ばなんで私もそろそろ見えないところがガタついてきてるんですね。寂しいことに。。。
釣りをしない日の軍艦マーチのお仕事は控えず絶好調にやってますが、このときのタバコが・・・。これは辞めたいんですがね。

投稿: アカガレイ | 2010年8月11日 (水) 19時30分

>かげまるさん
ほんと先週の暑さは道東地方としては異常でした。熱中症なんて人事だと思っていたのですが・・・注意しなきゃならないですね。
5目達成がウ様というのが、いかにも私らしいと思わず釣り場で一人で笑っちゃいました^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年8月11日 (水) 19時34分

>BOBさん
なんだか今週末は厳しそうですね。。。昨年と同じ週末になると雨or台風襲来は勘弁して欲しいもんです。
これだけ暑くなると道南はアブが大活躍してそうですね。7月終わりに行ったときにも、マズマズの数のアブが出てましたが、今はそれ所じゃないんだろうなと思います。。。

投稿: アカガレイ | 2010年8月11日 (水) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/36081882

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝から蒸し暑い渓で五目釣り(100807釣行記):

« 楽園はこの日地獄だった・・・(2010道南遠征WITH十勝・道央PART3-3:100801釣行記) | トップページ | プ様と険しい渓谷に守られたオチョロたち(100814、100815釣行記) »