« 渓谷へ滑り落ちて突撃!!(2010道南・十勝遠征PART2-1:100717釣行記) | トップページ | 渓相だけは・・・(2010道南・十勝遠征PART2-3:100717、100718釣行記) »

2010年7月20日 (火)

澄んだ水と美しいニジマス様(2010道南・十勝遠征PART2-2:100718釣行記)

遠征2日目です。
まずは、今回の遠征の最大目的としていたヤマメさんとニジ様、イワナ君の3目が釣れる某渓へ行ったのですが、少し釣り上がるも全く魚の反応がありません。。。前日に抜かれたのか?それとも朝の4時から釣り開始という時間が早すぎるのか?理由は分かりませんが、このままでは悲惨な結果になってしまうと思い、早々にこの渓を見切り、別渓に行くことにしました。そして、その移動は大正解でした。たまたま突撃したその渓は巨石が転がるニジマス様のお家だったのでした。


巨石転がるニジマス様のお家
7月18日(日)7:30-15:30
天候:小雨のち曇り(一時晴れ) 気温:19→26℃ 水温:14℃ 状況:平水濁り無し ハッチ:小型カディス少し
ライズ:なし 釣果:ニジマス様(37cm)1尾、ニジマス君(20-32cm)30尾以上釣れたと思う


1007180001
林道を奥へ奥へ車で進んでいくと、下流域には先行者の車が所々に停まっています。朝一に別渓でボを喰らった分、出遅れです。でも、先行者が居るということは魚が居るんだな、と自分の気持ちを静め、車を走らせました。そして、良さそうな雰囲気のところから入渓してみました。
渓に下り立つと、そこには大きな石がゴロゴロしている、道東ではあまり見られない渓相が広がっていました。しかし、この景色は私好みです。これだけでも良い渓に来たなと、満足しちゃいました。さて、イワナ君出てらっしゃいとフライを流すと、それなりに反応がありますが、なかなか掛かりません。ここのイワナ君はスレているのかなと?思っているとやっと掛かったお魚が・・・

1007180002
あら?ニジマス君。こんにちはhappy01
なるほど、アワセが全く合わなかったのに納得です。というわけで、アワセを若干早めにすることにしました。

1007180003
その結果、大岩周りの弛みや瀬の中からは25cm前後のニジマス君が元気に出てきます。
なるほど~、ここはニジマス君の川なんや、というわけで、イワナ君が釣れないのは寂しいですが、まぁ、当初、十勝でニジマス釣りをしようとしていたわけですから、これも悪くないなと、この渓を行けるだけ詰めることにしました。


1007180004
上がっていくと、しばらくは大岩ゴロゴロの瀬が続いていたのですが、上のようなポイントが現れました。
この渓は写真でわかるように、ほんと水が澄んでいて川底までくっきり見えます。そして、よ~く見ると、川底をニジマス様がユラユラしているのも見えます。
これは思いっきりサイトフィッシングが楽しめそうです。とりあえず、魚の捕食ラインを読んでフライを流すと、魚がフライを見つけて飛び出してくるのが良く見えます。その結果・・・


1007180005
こんな可愛いニジマス君も出てきましたが・・・

1007180006
37cmのニジマス様も出てきました。初夏ということもあり、これくらいのサイズでも元気で、とても楽しませてくれました。そして、川水と同じくらい美しいゴマ模様で・・・lovely

このポイントではもっと大きなニジマス様もフライを見に来たりしていたのですが、上のニジマス様よりも大きな魚は私のフライを咥えてくれませんでした。ただ、このポイントではほんと勉強になりました。魚がついているのが見えるため、あの魚を釣るにこのラインにフライを流してなどいろいろ考えさせられると同時に、フライを見に来ただけで帰っていく魚の多いことにも気付きました。普段釣れていないのは、魚がいないのではなく、フライを見切られていることが良くわかって・・・。まだまだ、私は修行が必要なようです。

さて、まだまだ上流へ釣り上がっていきます。

1007180007 1007180008
1007180009
同じような感じの渓相が続きます。大体、ニジマス様の渓というと、大きな淵と瀬が交互にあるイメージだったのですが、ここは、イワナとヤマメの渓のような雰囲気です。まぁ、これだけ山奥だからそのような渓相になるのは分からないでも無いですが・・・。
そして、奥へ行けば行くほど30cm前後のニジマス君がポンポン出てきます。

しかし、単独での釣行。そして、どうもこの流域はほとんど人が入っていない感じだったので、さすがにプ様が怖くなってきました。それでも、釣れるからどんどん上がって行ってしまいます。

1007180010
すると支流に掛かる林道の橋を発見。これにはホッと一安心です。ここまで5時間釣り上がっていたので、そろそろ橋から戻ろうかと思いましたが、もうチョットだけ上がってみることにしました。

1007180011
1007180012

上がってみると、ちょっと渓相が変わり、岩盤底で少し段差のある落ち込みが続くようになりました。これまた私の好きな景色です。怖さを忘れガンガン上がっていきました。

1007180013
そして、上流域でもコンディションの良い元気なニジマス君が遊んでくれます。上でも書きましたがこの川のニジマス君は本当に綺麗です。
しかし、魚は釣れるのですが・・・


1007180014
そろそろ、帰ることを考えなきゃならない時間になりました。時間もそうですが、先日の脱渓時に痛めた左足がズキズキ響いてくるようになり、歩くのが辛くなったのもあって上のポイントで引き返すことにしました(3連休の釣りも2日目ですが終了)。奥に見える瀬とか凄い気になったのですが・・・。前日の負傷が悔やまれます。でも、ここで引き返して良かったです。

1007180015
脱渓してしばらくは上のような感じの林道だったので・・・。
結局、足を引きずりながら1時間ほど林道を歩くのは辛いうえに、久々の林道長時間歩行にちょっとビビッてしまいました。この渓の辺りは、プ様が多いことでも有名なので、少し歩いては爆竹を鳴らし、腰にはスプレー、右手には鉈と完全装備で。


ちょっと怖い感じの渓ですが、ここは前日のイワナの王国とともに、今後、何度も訪れたいと思い、今シーズン中にもう一度突撃しようと思います。単独突撃は危険なような気もしますが、完全装備で・・・coldsweats02

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:ABEL TR2
ライン:WT5F(???) リーダー3X9ft ティペット4X150cm
ヒットフライ:エルクヘアカディス#6、10 チェルノブイリアント#12

|

« 渓谷へ滑り落ちて突撃!!(2010道南・十勝遠征PART2-1:100717釣行記) | トップページ | 渓相だけは・・・(2010道南・十勝遠征PART2-3:100717、100718釣行記) »

コメント

アカガレイさん、こんにちは。

予定していた渓にメドが立たなかった場合、普通は諦めモード&惨敗なのですがね~~~w
なかなか良い釣りをされたようで、裏山ですよ!

単独の一番危険なところは怪我ですよね。
私もこれには一番奥病に釣りをしたいと思っています。

投稿: chuel | 2010年7月21日 (水) 15時03分

こんばんは。
一日目は岩魚、二日目は十勝の山岳渓流での虹。
尺上を筆頭にビシバシできていい釣りしましたね
(o^-’)b
サイトフィッシングは魚がフライを追いかけるのが
見えてエキサイティングだしトレースの勉強になるし
これはいうことはありませんw

でも単独なので怪我とプーさんには慎重に行動してくだいねw

投稿: yamame | 2010年7月21日 (水) 22時33分

>chuelさん
予定していた渓が今回は尽く駄目でどうなることかと思いましたが、あまり粘らず川を変えたのが正解だったようです^^
確かに単独釣行の場合、大きな怪我をしたらどうしようって思いますよね。あまり無茶しないようにはしているのですが、釣れるとついつい・・・。
まぁ、これはお互い様ですね^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年7月21日 (水) 22時51分

>yamameさん
今回はニジ君とイワナ君で良い思いできましたが、本当はヤマメちゃんでも良い思いをする予定でしたが・・・ちょっと欲張りすぎたようです^^;;;
ほんとサイトフィッシングは面白い上に、勉強になるので最高ですよね^^
ちょっと今回の遠征の行程についてメール入れますね^^

投稿: アカガレイ | 2010年7月21日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/35828506

この記事へのトラックバック一覧です: 澄んだ水と美しいニジマス様(2010道南・十勝遠征PART2-2:100718釣行記):

« 渓谷へ滑り落ちて突撃!!(2010道南・十勝遠征PART2-1:100717釣行記) | トップページ | 渓相だけは・・・(2010道南・十勝遠征PART2-3:100717、100718釣行記) »