« 澄んだ水と美しいニジマス様(2010道南・十勝遠征PART2-2:100718釣行記) | トップページ | ちょうど10キロ釣り上がってみました(100724釣行記) »

2010年7月22日 (木)

渓相だけは・・・(2010道南・十勝遠征PART2-3:100717、100718釣行記)

さて、先日の道南・十勝遠征は多くのイワナ君とニジマス君に出会えて、本当に楽しめました。
でも、土曜も日曜も、彼らに会うまでにはそれなりにハズレもあって大変だったんですweep
今回はそのハズレの川たちを一挙に紹介。
ただ、どの川も良い魚には出会えませんでしたが、渓相だけはすばらしかったです。


十勝某本流の支流①
7月17日(土)

1007171001
水が透き通り、ホント綺麗な川だったのですが魚の気配は・・・。
魚が居る本流との合流点に近いのでこの辺りにも魚が居るはずなのですが・・・。


十勝某本流の支流②
7月17日(土)

1007171002 1007171003
水が青っぽい、渓谷を流れる本当に美しい川です。
ここはヤマメちゃんとニジ様、アメマス君がいらっしゃるということは聞いていたのですが・・・。
今回、出会えたお魚は・・・


1007171004
まずまずのヤマメさん1尾だけ。。。やや銀化していたので下るのかなと思いましたが、どうも2~3年魚のようなので下ることは無いのでしょう。この川のヤマメさんが皆、こういう銀色をしているのか知りたかったですが、どうにもこうにもこの1尾だけだったので、謎のままです・・・。
ちなみにここでは、そんなに早く見切らず粘ってみました。
というのも・・・


1007171005
上のような大場所がどんどん現れてきたためで。
誰だって、上のような場所に来たらこれは良いポイントだって思って粘りますよね。
それにしても本当に魚が居ないのか?この日は少し小雨模様で、増水もしていたので、条件の良いときにもう一度来てみたい気もしますが・・・。


十勝ヤマメ小学校兼イワナ保育園の川
7月17日(土)

1007171006
ヤマメで有名な本流の上流部にも突撃してみました。
ここでは、魚の気配は結構ありました。ただそのお魚が・・・


1007171007
手のひらサイズのヤマメちゃんばかりで・・・coldsweats01
ではちょっと下流域を見てみましょうということで・・・


1007171008   
上のようなポイントに入ってみたのですが・・・

1007171009 1007171010
やはり小学生サイズのヤマメちゃんばかりで・・・。
数は居たのですが・・・。
そのうえ、ちょっとした弛みにフライを流すと・・・


1007171011
メザシのような小さな赤ちゃんイワナちゃんがゴロゴロと・・・。
これだけ釣れりゃあ、少しくらいはパパママ、せめてお兄ちゃんお姉ちゃんサイズのイワナ君が釣れてもおかしくないのですがねぇ。そういったイワナ君には全くお目にかかれませんでした。
ちなみに上りヤマメことヤマメさんの親分は、上流域である今回入渓したポイントでも見られました。
親分がこれだけ多いということは、居残りのヤマメさんは少ないのかもしれないですね。


道南3目釣るはずだった渓
7月18日(日)

1007181001
ここは昨年、秋に来て良い思いをしたので、今年、盛期に絶対に来ようと思っていた渓でした。
しかし期待とは裏腹に全く生命反応が・・・。
う~ん、朝方の雨で魚の活性が落ちてしまったんですかね?ただ、この川はかなり餌釣りの入る川でもあるので、前日、土曜日に餌師が入ったのかもしれませんね。
もっと天気の良いときにリベンジしたい気もしますが、何だか外しそうで、今後、ちょっと足が遠のきそうです。

今回の遠征では確かに良い釣りをしましたが、上のように放浪もしています。魚が居る渓に出会うというのはほんと難しいもんです。まぁ、この探索も釣りの楽しさの一つなので苦にはならないんですがね。
この苦労があるから、魚が釣れた時の嬉しさが倍増するわけですし・・・confident

|

« 澄んだ水と美しいニジマス様(2010道南・十勝遠征PART2-2:100718釣行記) | トップページ | ちょうど10キロ釣り上がってみました(100724釣行記) »

コメント

まだ見ぬ渓や、まだ見ぬ あの区間を探ると言うのはすごく楽しいしワクワクしますよね。時間がなんぼあっても足りないと思いますがお互い北海道を満喫しましょう。

投稿: ヨッスィー | 2010年7月22日 (木) 21時16分

こんばんは!
メール有難うございます&
先ほどは電話で長々と話してしまいましたねw
貴殿の血&汗&涙で得たフィールド情報は某釣り新聞の100倍は価値がありますよ(^Д^)
貴重なインテリジェンスありがとうございます。
できれば道南の巨人ツアーに同行できればいいのですが
お互いスケジュールがあるので難しいですね。
でもタイミングがあえば行きましょう^^


投稿: yamame | 2010年7月22日 (木) 23時01分

>ヨッスィーさん
道内にはおそらく一生で攻めきれ無い数の渓がありますので、すべての渓で釣りをするのは無理なのでしょうが、それでも、可能ならば全部の渓をみてみたい気がします^^
ほんとお互い、できる限り満喫したいですね^^

投稿: アカガレイ | 2010年7月24日 (土) 20時55分

>yamameさん
先日の電話ではどうもでした^^私が混乱させたため、メールしたにも関わらず、わざわざ電話を頂いて^^;;;
今後、ブログ見て訳分からないことがありましたらご遠慮なくきいてください^^
そのうち、どこかでお会いできるのを楽しみにしています^^

投稿: アカガレイ | 2010年7月24日 (土) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/35845740

この記事へのトラックバック一覧です: 渓相だけは・・・(2010道南・十勝遠征PART2-3:100717、100718釣行記):

« 澄んだ水と美しいニジマス様(2010道南・十勝遠征PART2-2:100718釣行記) | トップページ | ちょうど10キロ釣り上がってみました(100724釣行記) »