« ウ様の王国よりやっぱニジ様の楽園でしょう(100612釣行記) | トップページ | バイカモの中からこんにちは2010(100626、100627釣行記) »

2010年6月21日 (月)

次こそは絶対に・・・(100619、100620釣行記)

さて、26日の土曜日は前日の晩に用事があり遠出できません。本当は26日に行こうと思っていたのですが、こういう事情ですので1週早めて十勝遠征を決行しました。行き先は、ここ数年来、遠征しては敗北し続けているプーさんの本流です。
この川のニジマス様の写真をあちらこちらで見ますが、40UPとなるとそれはもう美しい魚ばかりで・・・。
もう何年も言い続けてますが、私の釣りの目標はこの本流で50UPのニジ様に会うことです。この目標が達成されれば、私はぶっちゃけ釣りを辞めてしまうかも・・・って感じです(ここの50UPの魚以上に会いたい魚が居ない・・・。)。

十勝プーさんの本流
6月19日(土)
天候:晴れ 気温:14→20℃ 水温:8℃ 状況:水量多い ハッチ:ユスリカ、小さめのカディス ライズ:なし 釣果:ボ

10061900011006190002

仕事終わりでそのまま十勝へ走り、この日も林道で仮眠しました。そして、朝3時半起床で釣りを開始しました。入ったポイントは、昨年の晩秋にライズしていた大物に無視された淵。しかし、数日前の雨か雪代か何が原因か分かりませんが、川は結構な増水状態。普段から水量が多く、流れの速いこの川でこの水量は私には厳しすぎです(釣りの上手い人なら釣れるかもしれませんが)。しばらくニンフを流し続けましたが、魚の反応は無いし、ライズも全く見えないのでいったん撤収しました。その後、別渓をちょっと覗いた後、二段堰堤のポイントを覗いてみましたが・・・

1006190003

水量が落ちてくる気配も無く、堰堤下で1尾ニジ様らしきものをドライで掛けただけでした(ランディングまで至らず) 。無念です。。。とりあえず、近いうちにまたリベンジです。今シーズン、ここへは釣れなくても何度も突撃しようと思ってます。この渓の素晴らしいニジマス様に会えるまで・・・。

さて、本命視していたプーさんの本流が駄目だったので、この週は数ヶ所を放浪することになりました。

十勝マダラの本流
6月19日(土) 釣果:ボ ※他のデータ省略

1006190004

ここは、昨年の秋にプーさんの本流でボを喰らった後に突撃して、入渓点から元気なニジ君に出会えた渓です。この日も保険に考えていた川で、気楽な気持ちで入渓したのですが、ドライでもニンフでも全く反応がありませんでした。いかにも魚がついてそうな瀬も淵も・・・。ここは、当たりハズレが激しい渓らしいので、この結果も仕方ないのかもしれません。でも、これだけハズレが激しいと保険の渓にするには厳しいかも・・・。

十勝ソフトクリームの本流
6月19日(土) 気温:25℃  水温:19℃ 釣果:ボ  ※他のデータ省略

1006190005

ここは3年前に良い思いをした渓です。しかし、ここ2年はパッとせず、昨年は一尾の魚にも出会えませんでした。この日も川を見た感じで、水量も少ないし水温も高いし厳しいとは思っていましたが、思ったとおりのボ。。。もう、しばらくここは来ることは無いかも・・・。ただ、話によるとこの川と大本流の合流部は良いとの噂が・・・。先日買ったダブハンで突撃してみるのも面白いのかも。。。

十勝ドングリの本流
6月19日(土)9:00-14:00、17:30-19:00
気温:18-23℃ 水温:17℃ 状況:水量やや多い ハッチ:小型カディス、メイフライ、ミドリカワゲラ、ガガンボ、カ、蚋
ライズ:ガガンボへのライズ 釣果:ニジマス様(36cm、25cm) ※大物痛恨のバラシ・・・
6月20日(日)3:30-9:30
気温:16-17℃ 水温:13℃ 状況:水量やや多い ハッチ:カ、蚋 ライズ:なし 釣果:ボ

1006190006

実は、この本流で釣りをするのは生涯初めてです。ニジマス様が居るとは聞いてましたが、ポイントが分からないので、とりあえず、上流部から片っ端ら車で移動しつつポイントを探しまくりました。すると、この日入渓した最も上流部のボサ際でまずまずのサイズの魚がガガンボにガツガツライズしているのを見つけました。おそらく、ドライなら何でも出るだろうと、エルクヘアカディス#10を放り込むと1発で出ました。

1006190007

36cmのニジマス様です。このニジマス様、サイズの割りにプックリしてて体高がかなりありました。写真で尾鰭の大きさと体の大きさの割合見てもらえれば分かると思いますがメタボ君です。おまけに鰭はピンシャンでコンディション抜群lovely
そのせいか引きの強さは半端無かったです。前週までの道東のニジ様の40UPよりも強い引きで・・・。さすが十勝ですね。そして、ここでもう一尾同じような奴を掛けましたが強い引きで走られバラシ。ただ、この時はまだ心に余裕がありました。しかし・・・、

1006190008

初めての渓ということもあって、なかなか良いポイントが見つけられません。十勝らしい渓相は楽しめたのですが・・・。

1006190009

良い感じの岩盤ポイントに出くわしても、フライに反応が全くありません。上のようなポイントだとオチビちゃんくらいは出ても良いのですが、そういう魚にも全く出会えませんsad
そうこうしていくつかのポイントを放浪しているうちに底が見えないほど深い淵のあるポイントに出くわしました。

1006190010
上のポイントなのですが、ここも始め、普通にニンフとドライを流していても全く反応がありませんでした。そこで、ヤケクソになって、ベタ底にフライを流してやろうと、インジケーター下を3ヒロほど取り、ガン玉3つ付けてフライを流してみると、その1投目でした。30cmほど沈んで流れていたインジケーターが途中でピタリと止まりました。おうおう、根掛りかと思ってロッドを立てると、生命反応があります。そのうえ、めちゃくちゃ重い感触です。ラインを巻いては出されを延々と続け、数分ほど経った時です。次第に魚が浮いてきて魚影を確認しました。なかなか太い、45は確実にある(50あったのかな?)ニジマス様です。その後数回のジャンプにも何とか耐え、あとネットまで5mと言う時に、再びジャンプされ、外されてしまいましたcrying
無念すぎです・・・やはりバーブレスはジャンプされると厳しいのでしょうか?何にしても後悔しかありません。そして、自分の釣りの下手さに怒りさえ覚えましたpout
その後、同じようにベタ底を流して35くらいの奴2尾掛けたのですが、同様にジャンプされてバラし、あと小さい当たりが数回あるもフッキングせず・・・。結局、25cmちょっとのニジ君を1尾しかランディングできませんでした(その魚も撮影中逃走coldsweats02)。
さて、この出来事があったのは昼1時過ぎだったのですが、ひょっとしたら夕マズメに良いかもと思い、ソフトクリームの本流を覗いた後、夕方5時半から7時半前まで粘ったのですが、何の反応もありませんでした。それでも諦められず、次の日、朝3時半から8時過ぎまで粘るも、またまた反応はありませんでした。もう悔しすぎです・・・。

1006190011

その後、この川で前日入っていない流域を覗いてみましたが、いかにもと言うポイントでもオチビちゃんも出てこなかったので、もう諦めることにしました。
後日、大師匠様にこの川の話しをしたら、かなり餌釣りが多く入る川のようで、極めて魚影の薄い川らしいです(まぁ、地元の川で無いので私がとやかく言う権利はありません)。ただ、釣れれば大きいと・・・。ほんと、しつこいかも知れませんが、バラシが悔やまれます。まぁ、この魚影ですから今後、遠征の目的地として行くにはリスクが大きいかなと思いました。

打ちひしがれた気持ちで日曜日の午前中に十勝を跡にしました。ただ、このままでは寂しいなと思い、帰りに道東ホームの渓①に立ち寄りました。

道東ホームの渓①
6月20日(日)12:00-13:00
気温:15℃ 水温:15℃ 状況:水量やや少ない笹濁り ハッチ:小型メイフライ、ユスリカ ライズ:ウ様のライズポツポツ
釣果:ニジマス君(20-30cm)10尾 将来アメマスになるイワナ君(15cm)1尾 ウ様(20cm前後)2尾

1006190012

久々に#3ロッドを使ってドライでのんびり釣ろうというわけで、釣り始めたのですが、渓の方はやや水が少なく、異臭が漂ってました。それでも、小さなイワナ君やニジマス君の顔を見ることが出来ました。
ただ、そのニジマス君なのですが・・・

1006190013_2

上のニジマス君は30cmあるのですが、コンディションが良くなく十勝のニジマス様に比べるとあまり綺麗でありません・・・。このホームのニジ君も冬前ならコンディションが良かったのですが・・・。何にしても、しばらくホームはお休みですね。とにかく、しっかり食べて冬前までにはメタボになって欲しいところです。

というわけで、この週はいろんな意味で悔しい週でした。プ様の本流の増水、マダラ&ソフトクリームの本流の生命無反応、道東ホームの渓の魚達の悪コンディション、そしてドングリの本流での大物バラシ・・・。
今考えると、同じ十勝でも今回行った本流ではなく、ふるさとの本流や花時計の本流に行っていれば結果が違ったかも・・・。でも、釣りにたらればは禁物ですよね。
これにメゲズ、今シーズンは十勝へガンガン行きたいと思います。7月は道南遠征週を除いて可能であれば毎週。
今年は昨年までより大物を掛けている頻度が高いので、そろそろ一発あるかもという希望を持って・・・。

※十勝
ロッド:Winston WT9ft#4
リール:ABEL TR2
ライン:WF5F(???) リーダー3X12ft ティペット3X100-200cm(ドライの時は4X50-100cm)
ヒットフライ:エルクヘアカディス#10、ヘアズイヤーニンフ(ブラック)#12

※道東ホームの渓①
ロッド:SCOTT A2 803/4 #3
リール:HARDY Flyweight
ライン:DT3F(U4 Yamame DTT_PINK) リーダー4X9ft ティペット4X100cm
ヒットフライ:エルクヘアカディス#8、10、12

|

« ウ様の王国よりやっぱニジ様の楽園でしょう(100612釣行記) | トップページ | バイカモの中からこんにちは2010(100626、100627釣行記) »

コメント

こんばんは!
今回は十勝を精力的に周りましたね。
いいところもありまだ早いところもありと情報収集を兼ねて自分の足で廻ったというとこは感服しました。
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
音別や茶路で使うガンダマつけまくりでボトム狙いは
効果があったようですね。
でもヒットした直前にばれる確立が高いので難しい釣法と考えてます。
できればドライで釣りたいですがウェット&ニンフの世界も奥が深くそのカテゴリーをマスターするのもフライマンですよね。私も欲張りなのでそっちのほうですよw

投稿: yamame | 2010年6月21日 (月) 22時54分

アカガレイさん、こんばんは!!!!!!

札幌にまだ雪代がでている渓がありますから、そちらも雪代でしょうかね?
今年は春先の雪解けが遅れたせいで、渓流が夏モードになるのが遅いみたいです。

さりげなく記事になっていますが、よくよく行動を観察すると、凄まじい行動力ですねww
日本にアカガレイさんを超える行動的な釣り人が、他にいるのだろうか・・・っと本気で思ってしまうほどですよww
〝26日の土曜日は前日の晩に用事があり遠出できません〟っとありますが、これも夜の渓流釣りだったりしてww

投稿: chuel | 2010年6月22日 (火) 00時03分

こんばんは。
↑の方々も言っておりますが相変わらず行動力の強さは感服致しております。

>大物を掛けている頻度が高いので、そろそろ一発ある・・・
期待しております!!

投稿: BOB | 2010年6月22日 (火) 21時03分

>yamameさん
とりあえず今回の十勝は、狙っていたプーさんの本流がアウトだった時点で、今後の最盛期のための情報収集に費やしました。
最近、釣りのスタイルがガン玉つけまくって底を攻めるって感じになっちゃってますが、やはりドライで釣りたいところです。でも、ドライだけだと釣れないので・・・^^;;;私はまだウェットの釣りというものがほぼ未経験なのですが、これも覚えた方が良いんでしょうね。
こんなことを思うのって確かに欲張りかも^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年6月22日 (火) 23時26分

>chuelさん
若干山の上のほうに雪が残っていたので、最後の雪代が出ているのかもしれません。でもこの時期だと例年は出ていないんですがねぇ・・・。私の日頃の行いが良すぎるんでしょう^^;;;
まぁ、この行動過程は事実を知るとホント驚くと思います。アホです。距離だけ書くと2日で900キロ走ってます(>_<)
夜の渓流釣り・・・半分当たってます^^v

投稿: アカガレイ | 2010年6月22日 (火) 23時28分

>BOBさん
行動力は凄いのですが、効率が悪すぎます。そして、最近、こういう無茶な行動が体に堪えるようになってきました。帰りの釧路以東根室までの100キロちょっとの運転が辛くて辛くて・・・。
大物に関しては・・・期待はしないでください^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年6月22日 (火) 23時30分

はじめまして
いつも拝見させて頂いてます
特に昔通った道南の渓の写真を見ると懐かしく
堰堤や大岩を乗り越え続けた日々を思い出します


ご存知かとは思いますが 今年はプーさんが
かなり下流域に出ていますのでお気を付けて

投稿: mory | 2010年6月24日 (木) 00時09分

>moryさん
はじめまして。コメントありがとうございます_(._.)_
私も道南を離れて、あの大きな岩がゴロゴロした渓相を恋しく思っています。ほんとあの渓相はたまらないですよね^^
なんだか最近、プ様の活動が活発ですよね。街中であるうちの近所でもうろついているようですから。。。
ほんと会わないようにしたいものです。

では、またお気軽にコメントください^^

投稿: アカガレイ | 2010年6月25日 (金) 12時31分

Nice to meet you。。。 いつも楽しく拝見させてもらってます。 最近、十勝では プーさんの出没よりmoryさんの出没の方が多いので気をつけて下さい(笑。今度 渓で見かけたら気軽に声かけてください。奇声を発してるのですぐわかると思います。

投稿: ヨッスィー | 2010年6月25日 (金) 21時23分

>ヨッスィーさん
はじめまして。コメントありがとうございます_(._.)_
まだ十勝の渓で奇声を出している人を見たことが無いので、お会いしたことが無いんでしょうね^^;;;
今度、そのような人を見かけましたら声をかけてみます^^

投稿: アカガレイ | 2010年6月27日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/35398371

この記事へのトラックバック一覧です: 次こそは絶対に・・・(100619、100620釣行記):

« ウ様の王国よりやっぱニジ様の楽園でしょう(100612釣行記) | トップページ | バイカモの中からこんにちは2010(100626、100627釣行記) »