« 大増水に苦しめられた結末は(100529、100530釣行記) | トップページ | 虹色貧果な日曜日(100606釣行記) »

2010年6月 6日 (日)

虹色ハッピーな土曜日(100605釣行記)

週末土日は来週からプチ休漁に入るマコ君と2日連続の釣行です。
土曜日の行き先は、先週から密かに今週末は絶対に良い状況だと思っていた『道東ニジマスの楽園』へ行くことにしました。どうせ行くなら、トコトン釣っちゃいましょうと言うことで、道東で初めて道南の頃にやっていた釣りを、マコ君に何の相談も無しにやってしまおうとこっそり思っていたのでしたcoldsweats01

道東ニジマスの楽園
6月5日(土)7:30-14:30
天候:快晴 気温:9→17℃ 水温:8→10℃ 状況:水量やや多い ハッチ:小型メイフライ、ユスリカ ライズ:なし
釣果:ニジマス様 43cm×1尾、41cm×1尾、40cm×2尾、35-39cm×5~10尾、20-34cm×不明
※総数は2人で70-80尾前後(マコ君も40UP&35-39cmを複数尾)

1006050001

楽園に到着して入渓すると、釣りが出来ないという状況ではありませんでしたが、若干水量が多い感じです。そして、水温も8℃。今週は良いと思ったのですが・・・、若干、予想と違う感じです。 釣れるのかめちゃくちゃ不安でした。
こういう状況ですから、なかなか釣れなかったのですが、釣り始めから30分。やっとこの日のおはよう君が。

1006050002

おはよう。ちょっと眠そうなニジ君。寝起きのせいか(?)、若干、体が白っぽくなっています。
さて、この1尾を釣って、とりあえず一安心してガンガンと釣り上がっていきます。

1006050003

釣り上がっていくと、道南の渓と似たような渓相も所々にあり歩いているだけでも楽しい気分になれます。
もう小さな滝なんて最高です。
そして、ニジマス様のほうもここぞと言うポイントではゴロゴロ出てきて楽しすぎです。

1006050004

サイズはほとんど25-30cmちょっとでしたが、中には体高があってサイズの割に元気すぎる奴もいました。
そのうえ・・・

1006050005

この日一発目の40cmニジマス様も。ピンクのほっぺがお茶目ですが、引きのほうは強くなかなかネットに入ってくれない1尾でした。さて、この1尾が出た頃、空の方を眺めると・・・

1006050006

青空の方が出てきて日差しが強くなり、初夏の様相になってきました。

1006050007

渓は相変わらず水量がやや多いのですが、水温は2桁に達していました。するとニジマス様たちは、朝は瀬尻や緩いたるみに溜まっていましたが、水温の上昇が影響したのか、瀬や落ち込みの泡の下からもポンポン出てきます。

1006050008

そして、サイズの方も30cm前後を中心に、泣き&泣き泣き40のニジマス様もポツポツ混じってくるようになりました。いつもなら拡大写真の35cm前後のニジ様も、この日の釣行記では載せても小さめの写真です。

1006050009

脱渓点よりやや下流ではこの流域最大と言える好ポイントがありました。ここは2段の落ち込みがあって、上下ともそれなりの大きさと深さがあり、いかにも大物がいらっしゃる臭いがしました。
ここでマコ君とじゃんけんをして、私が上段、マコ君が下段で釣ることになりました。

1006050010

下段を釣っていたマコ君。撮影後、計測せずにリリースしちゃったので大きさ不明ですが、40はあったと思われるニジマス様をGETです。そして、私も・・・

1006050011 1006050012

41cmと43cmのニジマス様(どちらも♀)が泡の下から飛び出て来ました。2尾とも10mほどラインを出して走ってくれるし、43cmのほうはジャンプもバンバン。もう至福の時でした。ニジマス様は楽しすぎですlovely
ただ、ここでは、私もマコ君も両方とも悔しい思いを・・・。2人とも確実に50UPはあるであろう魚をかけたのですが、マコ君は下流に走られ、一瞬ラインがたるんだ時にバレタらしく、私もジャンプ一発されて、ティペットとリーダーの結び目が切れて終了。あと、私は40クラスももう2尾ほどバラシ・・・。
お互いに、次こそは、釣り上げたいところです。。。そして、私はもう少しバラシを減らしたいところです。

1006050013

何にしても、この渓はニジマス様の楽園だったようです。ニジマス様の数、大きさだけでなく、渓相も素晴らしかったです。ここはそれほど秘境と言うわけではないのですが、とても奥が深いので攻め切るのがなかなか大変そうです。今回は爆竹一箱すべて使い切って7時間釣り上がりましたが、それでもまだまだ奥があります。道東では私の知り合いでマコ君以外にこのような探検に付き合ってくれる人が居ませんが、ここは単独でもちょっと探検してみようと思います。

ロッド:Winston WT9ft#4
リール:ORVIS BATTENKILL BBSⅡ
ライン:DT4F(SAGE Quiet Double TaperⅡ) リーダー3X12ft ティペット3X100cm
ヒットフライ:ヘアズイヤーニンフ(#12、14)、ソフトハックルウェット(オレンジ)#10

|

« 大増水に苦しめられた結末は(100529、100530釣行記) | トップページ | 虹色貧果な日曜日(100606釣行記) »

コメント

こんばんは。これはレインボー三昧で浦山歯科w
釣り仲間や某プロショップ店長と話をしていて水が多少
多いけど釣りになるこの季節ではタイミングがあえば楽しい釣りが出来るという話をしてたので、それが当たったようですね。当然、FFのテクがしっかりしたアングラーが釣行した場合のことです
それ以外に情報収集もあるでしょうが、テク&インテリジェンスの貴殿に(●´・∀・ノノパチ(●´・∀・ノ"ノ☆彡パチ
この調子を道南まで維持しましょうw

投稿: yamame | 2010年6月 6日 (日) 23時50分

こんばんは。
50UPはまた次回と言うことで、
しかしまぁ渓相もよく楽しい釣りが出来たようですね、
季節も良くなってきましたね渓流サイコウ!と言った所でしょうか。

投稿: BOB | 2010年6月 7日 (月) 00時59分

アカガレイさん、こんばんは!!!!

なんとも凄い釣果ですね。
でもこれってアカガレイさんの、人並み以上の釣りへのファイテングスピリットがあってこそ成り立つ超人の釣果?なのでしょうw
しかし43センチにジャンプBANBANされたら、楽しいなんてもんじゃないでしょうねぇ。。
ウラヤマシカw

投稿: chuel | 2010年6月 7日 (月) 20時42分

>yamameさん
ほんと道東に来て感じたのですが、この時期はタイミングが合うと凄い釣りができることがあるんだなぁと身にしみて感じてます。逆にタイミングが合わないと悲惨なことに・・・^^
いやいや、私にはFFのテクは無いですよ。ただ、根性だけで釣ったようなものです^^;;;
この勢いを維持して7月に道南に凱旋したいものです♪

投稿: アカガレイ | 2010年6月 7日 (月) 23時05分

>BOBさん
まりもの本流と違ってここの50UPは天然物なので、次こそは何とかGETしたいものです。
ここの渓相は、ほんと美しいのでお気に入りなんですよ。ただ、道南の山岳渓流のような大きな岩や石が無いのが少し寂しいところです。歩きやすいですが、ちょっと物足りない感じもします^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年6月 7日 (月) 23時09分

>chuelさん
釣りへのファイティングスピリットと言うか、ただアホなだけなのかもしれません^^;;;超人と言うよりは変人と言う方が正しいかもしれません。
道東ならここまで歩かなくても釣れる所もあるのに、こういう所に行ってしまって。でも、やっぱり歩く釣りは楽しいですしね♪

投稿: アカガレイ | 2010年6月 7日 (月) 23時19分

土曜日、お疲れさまでした。気温が低くて助かったのもあるが、あれくらいならなんとか私は踏破可能ですよ^^ この川の上流域はほぼ制覇したね(笑  
 しかし、なんで私は泣き顔なんだろう・・・

投稿: マコガレイ | 2010年6月 8日 (火) 12時55分

>マコガレイさん
土曜は騙して歩かせてすみませんでした。私は、はじめから引き返す気無く今回脱渓したところまで強行するつもりでした^^あまりにも反応が悪ければ引き返すつもりでしたが・・・。
でも、まぁ、釣れたから許してください^^;;;次回、ここに行くことがあったら、まだ行っていないあの魚止めの上に行きますか^^でも、そこまで行く必要は無さそうやね(あの上は魚が小さそう)。
ちなみに泣き顔なのは・・・感無量でうれし泣きしているということです^^

投稿: アカガレイ | 2010年6月 8日 (火) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/35105550

この記事へのトラックバック一覧です: 虹色ハッピーな土曜日(100605釣行記):

« 大増水に苦しめられた結末は(100529、100530釣行記) | トップページ | 虹色貧果な日曜日(100606釣行記) »