« 2010年GW道南ツアー(2010道南遠征PART1-1:行程&100501釣行記) | トップページ | 久々のBOBさんと久々の渓(2010道南遠征PART1-3:100503釣行記) »

2010年5月 6日 (木)

厳しい状況でも・・・(2010道南遠征PART1-2:100502釣行記)

2010年初めての道南遠征。この日は気合を入れ、朝5時半から釣り開始です。
さて、1ヶ所目に選んだS川。この川は、横を林道が併走しているにも関わらず、比較的尺イワナ君の顔を拝みやすい渓なので、今年、引っ張りの釣りばかりで、全く渓を歩いていない私にとってリハビリにうってつけです。

1005020001

ただ、入渓してみると水量が多くなかなか厳しい状況でした。いつも尺サイズのイワナ君が顔を出す小さなプールも増水のせいで水深がありすぎて、川底に張り付いているイワナ君の元までフライを送ることが出来ませんでした。結局、この川では2時間ほど釣りしましたがオチビ君3尾。。。無念です。

というわけで移動です。ここで、S川の水量からイワナの王国も釣りになるのでは?と思い、一か八かイワナの王国に行ってみました。そして現地に着いてみると、十分釣りになる状況でしたので、この日第2ラウンド開始です。

道南イワナの王国
5月2日(日)8:30-14:00
天候:曇り 気温:9℃ 水温:7℃ 状況:増水 ハッチ:なし ライズ:なし
釣果:イワナ君(15-27cm、34cm)20-30尾 ※尺超えは1尾

1005020002

入渓して水温を計ると7℃で気温も9℃、そのうえ雨の影響による増水と状況は最悪でした。しかし、この渓は道南に数ある渓流の中で僕のお気に入りベスト3に入る『イワナの王国』です。王国と言うだけあって魚影が非常に濃く、状況が悪くても入渓点のヒラキのポイント(上写真)から、すぐに小さなイワナちゃんが顔を出しました。

1005020003

この日は、まだ盛期で無いことから手のひらサイズの可愛いイワナちゃんです。サイズはさて措き、相変わらずの魚影の濃さが感じられ、ホッとしました。

1005020004

それにしても今年の道南は春が遅れているようですね。
5月になっているにも関わらず、所々に雪は残っているわ、写真のように木々に芽は吹いていないわ、ほんと春がきているんでしょうかね?

1005020005

まぁ、イワナ君の体色は上のように黒っぽいものが多く、寝起きのものが多かったので、春はまだなんでしょうね。

さて、この川は入渓点から暫くはおチビイワナちゃんが中心ですが、釣り上がるにつれ、次第に大物の期待が大きくなってきます。

1005020006

3段の滝を越えていくと・・・

1005020007

函状の渓相になり期待のポイントが続きます。
この日も、この函の付近で・・・

1005020008

今年、1発目の尺上イワナ君(34cm)の登場ですlovely やや細く寝起き気味のイワナ君ですが元気な魚でした。
春が遅れている上に、この日の悪条件から諦めていたのですが、さすがイワナの王国です。

この1尾の後、核心部に入っていきます。

1005020009

1つ目の滝つぼです。ここは盛期なら確実に尺サイズが出るポイントなのですが・・・

1005020010

この日は27cm止まりでした。。。despair

そして・・・

10050200111005020012

この川の源流部にあたる滝だらけの地点(おそらく魚止め?)に到着です。ここも盛期には40UPのイワナの主様もいらっしゃるポイントなのですが、この日は全く釣れませんでした。おそらく主様は滝つぼの底に張り付いているんでしょうね。まぁ、今年、あと最低2回は道南に遠征する予定なので、そのときにまた覗こうと思います。主様、その時はドライにガンガンアタックしてくださいconfident

流石に今回は時期が早かったため、イワナの王国にしては貧果でしたが、今時期なら十分でしょう。
さて、これで満足は出来ません。もう1本突撃しました。今度はB川。ここは、おそらくシーズンインの早い道南でもかなり早くから釣りができる川だと思います。そして渇水によるシーズンオフも早い川ですから、他の渓が増水しているときこそ行かねばなりません。

道南B川
5月2日(日)15:00-16:00
天候:晴れ 気温:11℃ 水温:10℃ 状況:水量多い ハッチ:なし ライズ:なし
釣果:イワナ君(25cm前後)5尾 ※尺上はあると思われるイワナ君1尾、ネットイン時に逃げられる
crying

1005020013 1005020014

狙い通りB川は水量が多いものの釣りには支障の無い状況でした。そして水温も10℃とシーズンインの早い渓らしく期待は持てたのですが、如何せん、魚影の薄い、流程の短い渓なので釣果は・・・でしたweep
それでも、この渓のイワナ君は・・・

1005020015

コロコロとしたイワナ君だったので良しでしょう。
そして、この渓ではイワナ君だけでなく・・・

1005020016

カタクリの美しい花があちらこちらで咲いており、春を感じることが出来ました。ただ、例年ならこの時期はもうこの花は終わっていると思うのですが・・・。

ロッド:REVIEW RS8404 岩井モデル
リール:ORVIS BATTENKILL BBS Ⅱ
ライン:DT4F(SAGE Quiet Double TaperⅡ) リーダー4X12ft ティペット4X50cm
ヒットフライ:金玉ニンフ(茶・オリーブ)#12、ヘアズイヤーニンフ#14、プリンスニンフ#12

|

« 2010年GW道南ツアー(2010道南遠征PART1-1:行程&100501釣行記) | トップページ | 久々のBOBさんと久々の渓(2010道南遠征PART1-3:100503釣行記) »

コメント

どうもです。
自分も4日に王国突入してきました。
結果は・・・水多し!
最初のヒラキよりちょっと下の方が反応良かったよ。
滝では何とか尺上釣れましたが、サビサビの真っ黒でした。
先週はキレイな魚が多かったので、上から落ちてきたのかな?

投稿: raindog | 2010年5月 7日 (金) 21時55分

 おお、イワナの王国・・・といえば、数々の伝説の舞台ですね。今回の遠征では、まだ伝説は出てきませんが、これから出てくるのでしょうか?

投稿: かます草 | 2010年5月 7日 (金) 22時53分

こんばんは。
道南の渓は雪代が入ってあまりよくないだろうと
勝手に想像してましたが、さすが勝手知ったるホームでビシバシしましたね。アカガレイマジックここにあり。
(´^ェ^)
3本も周り欲張りですねぇ。とくに岩魚の王国は
゚+.(・∀・)゚+.゚イイ
最盛期の夏はドライでビシバシでまず間違いなく行きますよね?
うちらも行きますよ^^
機会があれば同行したいですね。


投稿: yamame | 2010年5月 8日 (土) 00時07分

>raindogさん
4日ということは私が入った時よりは、水が少ないような気がするのですが・・・。ひょっとしたら、気温が上がって雪代が入ったのかもしれないですね。
サビサビの魚はひょっとしたら、ここ最近に目覚めて岩の下から出てきたのかもしれませんよ^^;;;
ただ、昨年もここには行ったのですが、その時以上に砂が出てポイントが減っているような気がしました。結構、あちらこちら崩れてますね。何にしてもこれ以上、砂が出て欲しくないものです。

投稿: アカガレイ | 2010年5月 8日 (土) 00時18分

>かます草さん
ここは数々の伝説を残した王国ですが、伝説を起こした朽ちた倒木は消滅していましたし、私が水没した函も砂で埋まってて・・・。思い出の場所が変わっていてちょっと寂しい気持ちになりました。
ちなみに今回の遠征は平和なもので伝説達成は出来ませんでした^^;;;

投稿: アカガレイ | 2010年5月 8日 (土) 00時26分

>yamameさん
ほんと今時期にしては雪代がかなり残っており苦戦しました。ただ、道南の場合はある程度、川の状況が分かるので何とかなりました。これが道東だと完全ボを喰らっていたかも・・・^^;;;
今年は7月、9月は確実に道南に遠征する予定です。今回、あまり出来なかったドライでビシバシを、イワナ君だけでなくヤマメちゃんと茶君でも楽しみたいですし^^
次の遠征時には日程を合わせて、ぜひご一緒したいですね♪

投稿: アカガレイ | 2010年5月 8日 (土) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/34561166

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい状況でも・・・(2010道南遠征PART1-2:100502釣行記):

« 2010年GW道南ツアー(2010道南遠征PART1-1:行程&100501釣行記) | トップページ | 久々のBOBさんと久々の渓(2010道南遠征PART1-3:100503釣行記) »