« 続・アメマス様はやはり気まぐれだった・・・(喜)(100418釣行記) | トップページ | 今日も仕事終わりに行ったけど・・・(100427プチ釣行記) »

2010年4月26日 (月)

あの無邪気さはどこへ・・・(号泣)(100424、100426釣行記)

さて、土曜日、久々にマコ君と釣りに行くことになりました。前日からわざわざこの極東の地に来ていたマコ君。
久々の再会ということで金曜の夜は夜遅くまで飲んだため、土曜はゆっくりと出撃しました。
行き先はいつもの近所の渓。先週までの感じならゆっくり出ても無邪気なアメマス様たちが遊んでくれると思っていたのですが・・・。

近所の渓①
4月24日(土)9:30-11:00、13:30-15:00
天候:曇り時々晴れ 気温:5℃ 水温:未計測 状況:平水濁りなし(満潮) ハッチ:なし ライズ:ポツポツ
釣果:アメマス様(35cm)1尾のみ・・・

1004260001

もう見飽きすぎた景色。結果的に今月は毎週ここへ来ていました。そして、時には入れ食い状態で、一つのフライに束になって追ってくる無邪気なアメマス様がいらっしゃったこの川。1ヶ月も経たないうちにここまで状況が悪くなってしまうとは思ってもみませんでした。まぁ、今思えば先週からその予兆はあったのかもしれませんが。

とにかく朝からフライを流し続けるも全く魚の反応がありません。せっかくマコ君が来ているのにこれはマズイと思い、近くの水溜りまで走ったのですが、こちらは強風のうえ霰混じりのやや強い雨。少し釣りをしたものの、耐えられず、近所の渓で昼からも釣りを続けました。橋の下では魚が跳ねているものの、全体的には川面も静かな状態・・・。
そんななか、かろうじで1尾のアメマス様の顔を見ることが出来ました。

1004260002

サイズは35cmくらいのチビアメマス様。ただ、この魚も釣るのは大変でした。魚が跳ねている橋げたの元へフライを投げ込み、そこからこれでもかと言うくらいの高速リトリーブでなんとか食わせた1尾でした。超高速リトリーブすればアメマス様が追ってくるのですが、それもフライ1種類につき2回まで。とにかく激スレ状態でした。確かに、この川が開幕してほぼ1ヶ月。散々、叩きまくられ(そのうち私もかなり)、イジメられたアメマス様。ご機嫌はかなり斜め状態なのかもしれません。川を見ると所々サケ稚魚の大きな群れが。これも、フライに見向きもし無い原因なのかもしれません。あれだけ稚魚がいれば、なにも稚魚以外のものを追う必要が無いでしょうから・・・。

1004260003

せっかく極東まで来たマコ君。釣りをしている顔も写真のように心なしか悲しそうです・・・。案内した私としては申し訳ない気持ちでいっぱいでした。まぁ、エスカロップを食べに来たと思っていただければ・・・。
次回は、もっと良い釣りをしましょう。。。

さて、日曜の私は野暮用などがあり釣りに行けなかったのですが、こちら方面に来ていた人のブログや職場の人の話では近所の渓以外の川ではそれなりにアメマス様が釣れていた模様。よりによって、何故日曜に用事が・・・(涙)
この釣りたい気持ち。我慢できずに今日の仕事終わりで近所の渓へ一か八か行きました。
しかし・・・、

1004260004 1004260005

月が出て真っ暗になるまでキャストを続けたものの全く反応無し・・・。無邪気なアメマス様はどこへ???
着いたときの川の状態は土曜と同じで運の悪いことに満潮の潮止まり時間。
魚の反応が無いのはスレているのではない!!潮が悪いんだと思いたい私。潮の時間を見てもう一度行きたいような行きたくないような・・・。何にしてもこれからサケ稚魚がどんどん降りてくるので条件としては良くなっていくはずなんですがね。もうアメマス様の気持ちは戻らないんでしょうか???

1004260006

近所の渓のアメマス様
もう1回だけでよいので無邪気に遊んでください。
1ヶ月前のあの無邪気だった頃を思い出して・・・。
近隣の水溜りや川のアメマス様達はフライやルアーに無邪気に遊んでいるようですよ。とにかくあと1回でよいので 。5月からは私、ニジマス様の下へ行かなきゃならないんですよ。。。

ロッド:SAGE LAUNCH609
リール:SMITH MARYYAT MR7.5
ライン:WF6S TYPE-Ⅱ(WET CEL) リーダー:2X12ft ティペット:なし
フライ:マラブーリーチ(オリーブ)#12

|

« 続・アメマス様はやはり気まぐれだった・・・(喜)(100418釣行記) | トップページ | 今日も仕事終わりに行ったけど・・・(100427プチ釣行記) »

コメント

こんばんは!アカガレイさん。
う-む・・見たところ、ご近所の渓はBG川ですな?・・。私の過去のエントリーでラウンド4でUPしていたところです。ここは、ウェーダーも履かずにちょんの間でしかロッドを振った事がありません。もちろん型は見られましたが、私は大きいのは釣ったことがありませんねぇ・・。でも、タイミングが合えばこんなに釣れちゃうんですね。

道東、極東の春はアメマスです!。アカガレイさんはこれからニジマスへシフトですね。ゴールデンウィークが悩ましいですね。西別川は5月は駄目です。サケ稚魚がうるさくて釣りになりません。フィールド選びルアーであれば面白い流域もあるのですが、水量の多いこの時期は、やめた方が無難でしょう。

ちょっと内陸に入って、狙いは止水ですね。ゴールデンウィークにゴールド色のアメマスを釣るのも一興でしょう。気が向いたら連絡ください。

投稿: shinya | 2010年4月26日 (月) 23時16分

こんばんは!
雨鱒も毎日のように光物や毛の塊が目の前を通過すると
スレますよね。
こっちの千歳川の茶鱒がそれですよ。
高速リトリーブは牛川でやりました。
ちょっとした群れが入りボイルがポツポツある上流に
キャストしボイル地点にきたらダーッと引く!を繰り返し
何尾かGETしました。こうゆうのは面白いです。
ですがすぐにスレるのでフライをとっかえひっかえ
です。
鮭稚魚の本物が群れをなして偏食喰いが始ると
道南の利別川のように目の前にフライを流しても
ふられまくります。それと同じ傾向の川がそちらには
あるようですね。
釣りは難しいものです。でもそれが楽しみでもあります。

投稿: yamame | 2010年4月26日 (月) 23時33分

>shinyaさん
こん○○は。まさしく近所のBG川です^^確かにこの川ではウェーダーは居ている人はほとんど居ないです。長靴でお気軽フィッシングといった川なんでしょうね。そういう川ですから型の方は、小ぶり中心ですが、状況の良い時は腕が痛くなるくらい魚の反応は良かったです。ただ、川が小さいためか、急激にスレていきましたが・・・。
確かに5月の西別川は厳しすぎですよね。昨年、こちらへ転勤してきた時に嬉しさのあまり、5月に通いまくりましたが、全く釣れなかったです・・・。たまに気の毒なことにサケ稚魚がフライに刺さってくるくらいで・・・。
5月からはニジ様中心になりますが、6月前後はアメマス求めて、マリモの湖を中心に通う予定です^^確かにここのゴールドアメマス様は美しいですものね。マリモ湖では一度、ご一緒できれば良いなと思います^^

投稿: アカガレイ | 2010年4月27日 (火) 20時27分

>yamameさん
こん○○は。この近所の渓は川の規模がかなり小さいので(牛川の3分の1も無いような感じ)、スレるのがかなり早かったです。魚はまだ居るんですがねぇ・・・。
高速リトリーブはやはり効くんですか!?何気なくやっていたことなのですが間違いではなかったんですね^^;;;道東はサケ稚魚の数が異常なくらい居るような気がするので、群れの本体が来ちゃうと厳しいような気がしますね。
それにしても、道東でも道南利別のような難しい釣りをやらんきゃいけないとは思ってもみませんでした^^;;;
まぁ、いつもいつも簡単に釣れるのもつまらないですよね。でも、本音はポツポツコンスタントに釣れて欲しいものですが。。。

投稿: アカガレイ | 2010年4月27日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1283257/34400791

この記事へのトラックバック一覧です: あの無邪気さはどこへ・・・(号泣)(100424、100426釣行記):

« 続・アメマス様はやはり気まぐれだった・・・(喜)(100418釣行記) | トップページ | 今日も仕事終わりに行ったけど・・・(100427プチ釣行記) »